「え? 血尿!?」脇腹が痛く、頭痛に吐き気、悪寒まで… #43歳で腎がんになった話 1

3児の母でブロガーのマメ子さんによる、43歳で腎がんになった体験を描いたマンガを紹介します。今回は、腎がんと診断を受ける前の、体調の異変に気付いたときのお話です。突然、血尿が出て、脇腹も痛くなり……。

 

続きを読む

43歳で腎がんになった話 ~第1話~

マメ子

 

初めまして。つい先日、腎がんの診断を受けたものです。突然のことで分からないことだらけですが、記録に残したいと思います……。よろしくお願いします。

 

1カ月近く前になりますが、初めて体調の変化に気付いた日の話です。

 

日曜日。朝起きて、トイレに行くと……。

 

マメ子

 

トイレが鮮やかな赤に……。

 

生理中だったので、そのせいかなとは思ったんですが、生理のピークは過ぎたころでタンポンもナプキンもそこまで汚れておらず。

 

2回目のトイレでも、濃いめの赤色。

 

血尿かも?と思い始めて、不安からかなんだか横っ腹も痛くなってきた気が……。

 

その日は子ども部屋の模様替えをすることにしていて、旦那も作業を始めていたのですが。

 

マメ子

 

なんだか怖いので横になることに。

 

そうこうするうちに脇腹の痛みが強くなってきて、土日だけ入れていた夕方からのバイトに連絡を入れます。

 

マメ子

 

脇腹の痛みに加え、頭痛と吐き気も増してきて、悪寒もするし、ただごとではない感じ。

 

マメ子

 

もともと偏頭痛で寝込むことがよくあったので、子どもたちも慣れたもん。

 

脇腹の痛みは、最初は強めの生理痛のような感じから、だんだんと陣痛に近づいているような……。

 

痛みが少し和らいだ隙に、スマホを手に取り「血尿」「腹痛」とかで調べてみるんですが、
膀胱炎にしては排尿痛はないし、
結石かも知れないけど結石はもっと耐えられないくらい痛いらしいし……、
腎臓の病気の可能性もありそう……。

 

まさかがんだったりして(そのまさかなんだが)……。

 

明日、平日の派遣の仕事も休んで総合病院行くか……。うーん、でも明日までこのままでいいものか……。

 

マメ子

 

吐いてしまってもまだちょっと気持ち悪いし、救急外来の病院は車で20分、そこから待合で待ったりできる自信がなくなってきて、とりあえず1日家にいました。

 

次回は、初めて泌尿器科へ受診したときのお話をお伝えします。

 

監修/窪田徹矢先生(くぼたクリニック松戸五香院長)

ウーマンカレンダー編集室ではアンチエイジングやダイエットなどオトナ女子の心と体の不調を解決する記事を配信中。ぜひチェックしてハッピーな毎日になりますように!

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターマメ子

    2021年3月血尿と疼痛から腎がんとの診断を受け、4月21日に右腎摘出、経過観察中。3児の母。ブログ「そらマメ絵日記(腎がん経過観察中)」を日々更新中。

    同じ著者の連載

    同じジャンルの連載

    • コメントがありません

  • 関連記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    マンガの新着記事

  • PICKUP