マンガ 体験談 和田フミ江

先生…私、諦めません!!情報収集し、メイク改善計画を試みる! #25

4
イラストレーターの和田フミ江さんによる連載マンガです。40代に突入した和田さんの日常エピソードをご紹介! 今回は、ベースメイクについてのお話をお届けします!

BBA

昨年の話になりますが、外に働きに出てみて困ったことの一つがメイクでした。今まで家でひとりで仕事していたので、用事があるとき以外は基本的にノーメイク。それが会社に行くようになって、久しぶりに朝から晩までメイクした状態で過ごしたら、もう崩れる崩れる! ファンデーションのノリが悪い→落ちる→重ねる→素肌感ゼロへ……の悪循環!! 夕方にはひどいありさまでした(涙)。

BBA

 

40過ぎて何やってんだって感じですが、長年慣れ親しんだメイクを見直すことにしたんです。バッチリメイクは目指さなくていいけれど、それなりに見えて、かつ肌の負担もお財布の負担も少なく、気持ち良く過ごせるようになりたい!というのが希望です。

 

とはいえ女子力偏差値43のワタクシ。何を改善すればいいのか、どんなアイテムが自分に合っているのか右も左もわかりません。レベルが低過ぎて友達に聞くのも恥ずかしい(ちょっと聞いたけど)。インターネット様のお力にすがりついて、口コミサイトなどを参考に見直していきました。

 

まず、超基本的なことですが、ベースをきちんと整えることにしました。今まで化粧水をビシャーッとつけて、染み込むのを待たずに乳液をベチョーッと塗って、その上に日焼け止めをオリャーッと重ねて、そのあとメイクをしていました(あ、引かないで……)。そこをもうちょっと丁寧に、時間をかけて1枚1枚のせていくようにしたら、それだけで結構変わりました。

 

スキンケアをゆっくりしていると、自分をいたわっている感じもして、それもいいなあ……としみじみ。子どもが小さかったころはなかなか取れなかった時間だなあ、と思いました。

 

次回はファンデ編をお届けします。

 

 

ウーマンカレンダー編集室ではアンチエイジングやダイエットなどオトナ女子の心と体の不調を解決する記事を配信中。ぜひチェックしてハッピーな毎日になりますように!

 

著者

イラストレーター 和田フミ江


姉妹の母。趣味はゲームと旅行と美味しいものを食べること。著書に「お母さんまであとすこし!」(ベネッセコーポレーション)、「おうちクエスト」(竹書房)など。


ベビーカレンダー記事制作の取り組み


この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

マンガの人気記事ランキング

みんなが見ている人気の記事をチェック!

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。