マンガ 体験談 和田フミ江

え、困らないんだけど!必需品だと思ってポーチに入れていたのに… #32

4
イラストレーターの和田フミ江さんによる連載マンガです。40代に突入した和田さんの日常エピソードをご紹介! 今回は、ポーチに入れていて必需品だと思っていたアレのお話です。

BBA

 

加齢とともに必要なものがどんどん増えていきます。パックだったり、保湿クリームだったり、ヘアオイルだったり……。その一方で、今までずっと使っていたのにいらなくなるものもあります。例えば、コレです。

 

BBA

 

長年化粧直しの必需品だったあぶらとり紙ですが、最近ではまったく使わなくなってしまいました。分泌量が減っている油分を取ってしまうのもなんとなく良くない気もして、軽くティッシュオフするくらいにしています。

 

ちょっとしたお土産にもよかったあぶらとり紙。世代によっては、あげてももらっても「使わないんだよなあ」ってなってしまうかも……と思う今日このごろです(涙)。

 

 

ウーマンカレンダー編集室ではアンチエイジングやダイエットなどオトナ女子の心と体の不調を解決する記事を配信中。ぜひチェックしてハッピーな毎日になりますように!

 

著者

イラストレーター 和田フミ江


姉妹の母。趣味はゲームと旅行と美味しいものを食べること。著書に「お母さんまであとすこし!」(ベネッセコーポレーション)、「おうちクエスト」(竹書房)など。


ベビーカレンダー記事制作の取り組み


この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

マンガの人気記事ランキング

みんなが見ている人気の記事をチェック!

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。