イベント 夏休み 帰省・里帰り

【教えてばぁばとの付き合い方】パパの実家に帰省。本音を言うと気が重い

14

 

こんにちは。日本コミュニケーション育児協会の珠里友子です。ベビーちゃんを連れて旦那さまの実家に帰省することにドキドキなママはたくさんいらっしゃると思います。今回は帰省時のばぁばとの付き合い方についてお伝えいたしますね。

 

続きを読む

正直、ばぁばとは考え方も違うし気が重い

考え方が違うばぁばと過ごすのは、本当に気が重くなりますよね。時代が変われば子育ても変わっていることを「私たちのときは……」と言われても戸惑ってしまいます。そんなとき、どんなふうに「今は違うんですよ!」と伝えたらいいのかを悩むし、迷ってしまいます。

 

ここで少し発想を変えてみませんか?「今の子育てはこうするんです!」「こうした方がいいんです!」と伝えるのではなく、相談もしくは質問をしてみてはいかがでしょう。「えっ?」という声が聞こえてきそうですが、私の経験上、この方法がいちばん相手を傷付けずに自分の考えが伝わりやすいと感じています。

 

否定ではなく相談!が基本

誰だって自分が必死でやってきたことは否定されたくないもの。「今の子育てはこうするんです!」「こうした方がいいんです!」と伝えてしまうと、「あなたの子育て間違ってましたよ」と否定されたと感じさせ、傷付けてしまいます。

 

まずは「これって、こういう風にした方がいいって、教えてもらって、育児書とかにもそう書いてあるんですが、お義母さんのときもそうでしたか?」などと相談してみましょう。すると「今はそうなのね~、私たちのときは……」と、自身の子育てを思い出し、口にすることで、お義母さんも自分の考えを伝えることができ、今の子育てを受け入れやすくなります。

 

また、お義母さんの経験談は“育児書に載っていない情報を得られる”というママにとっても、うれしいことがありますよ。この方法が不安な場合は、実際に育児書を持参しておき、そのページを開きながら相談するといいでしょう。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

イベントの人気記事ランキング

赤ちゃんが笑顔になるニュースを毎日更新

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。