「ナプキンない!」「手足が冷たすぎ!」生理のピンチが育んだのは…

高校時代、私は毎月生理がくるたび、授業に集中できなかったり体調を崩したりと、憂うつな気持ちを繰り返していました。でも私の場合、ある人のおかげで、そんな生理のつらさも乗り越えられたように思います。

「ナプキンない!」「手足が冷たすぎ!」生理のピンチが育んだ友情

 

お互いに生理症状がつらくて…

高校2年生から3年生まで、同じクラスだった親友のAちゃん。偶然、出席番号が近かったこともあって仲良くなり、10年後の現在も心許せる友人です。


私もAちゃんも互いに生理痛がひどく、2人とも毎月のように腹痛や貧血に悩まされていました。生理がつらいときは授業を休むことも多々あったため、そんなときはお互いのノートを貸し借りしたり、委員会に代打で参加したりすることも度々ありました。

 

私がナプキンを忘れるたびに

私が特にAちゃんに助けられていたなあと感じるのが、突然生理が始まった日に、うっかり生理用ナプキンを忘れてしまったときのことです。ずぼらな性格ゆえにナプキンの補充を怠ることの多かった私は、「どうしよう! ナプキン持ってきてないのに、生理がきた……」と慌てることが、少なくありませんでした。


そんなとき、Aちゃんはよくナプキンが大量に詰まったポーチを手渡してくれ「遠慮なく使ってな」「私もトイレついていこうか?」と、姉御肌な対応をしてくれました。

 

今度は私が彼女の助けに

反対に私がAちゃんによく感謝されていたのが、私の温かい手。私は、子どものように体温が高く、常に手がポカポカと温かかったことのです。生理中は特に手足の冷えがひどくなるAちゃんだったので、体温の高い私が、よく彼女の手を手をギューッと握ったり、おなかをさすってあげたりしていました。


生理のたびに彼女の手を温める私に、いつも「天然のカイロやなあ」とAちゃんから笑われていたのも、今となっては懐かしい思い出です。

 

 

高校時代は特に生理痛が重く、つらかった印象がありますが、親友と互いにフォローしあうことで乗り越えられていたように思います。体や心が不調になりがちな生理の訪れも、仲のいい友だちとであれば、ご機嫌に過ごすこともそう難しいことではないのかもしれないなと実感しました。

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

監修/助産師REIKO
著者/鮭いくら

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    プレゼント&アンケート

    暮らしの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶