「痛みで集中できない!」急な生理痛。青ざめる私に救いの手を差し伸べたのは…

大事なときに生理が重なってしまうと肉体的にも精神的にも苦しいものです。私はインターン先で生理痛に襲われしまいました。

「痛い…」インターン先で急な生理痛。青ざめる私に救いの手を差し伸べたのは…!

 

インターンと生理が被ってしまった

これは私が大学3回生の秋の話です。ちょうど、就活に向けてインターンにいくつか参加していた時期のことでした。


とある企業で1週間のインターンがあったのですが、運の悪いことに生理の1週間と丸々被ってしまったのです。当時の私は生理痛が重めで、薬を飲んでいても痛みを感じてしまうことがしばしばありました。


このときも、生理痛がくることはわかっていたので、一応しっかりと薬を飲んでいたのですが……。

 

グループディスカッションに集中できない

薬を飲んでいたとは言え、この日は効きが悪く、インターン中も生理痛で苦しむことになりました。特にひどかったのが、ほかのインターン生たちと一緒にグループディスカッションをおこなっていたときのこと。


グループディスカッションではいかに主体的に参加するかが大事なので、特に集中しないといけないのに、意識はついつい痛みを抱えるおなかに向いてしまいます。ここで良い発言をして、社員さんに好印象を持ってもらおうと計画をしていたのですが、それどころではありませんでした。

 

救いの手を差し伸べてくれたのは……

グループディスカッションに集中できず、おなかをさすっていたときのことでした。とある女性社員さんが「橘さんだけちょっときてくれるかな?」と声をかけてきました。急いで立ち上がってその方のところに行くと、そのまま休憩室のようなところに連れて行かれることに。


すると、女性社員さんは「体調悪いでしょ。顔色も悪いしおなかさすってるし、生理痛がしんどいんじゃない? 無理しなくていいよ」とやさしく声をかけてくれたのでした。お話を聞くと、その方も以前同じような経験があったとのこと。


緊張感でいっぱいのインターン先での生理痛。苦しんでいるときに助けてもらえて、とても心が温かくなりました。

 

 

この経験から、生理痛で苦しい思いをしていた私を救ってくれた女性社員さんのように、私も困っている女の子を救える人間になりたいなと考えるようになりました。加えて、生理痛のための病院に行くきっかけにもなりました。
 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

監修/助産師REIKO
著者/橘 純香

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    プレゼント&アンケート

    暮らしの新着記事

  • PICKUP

    お子さまの写真
    投稿で当たる🎁

    ココをタップして
    ︎詳細を確認▶