「これじゃダメだ!」思い切って退職→婚活に専念も、なかなか出会えず…

私は7年間、総合病院で看護師として働いていました。日勤と夜勤を繰り返す不規則な勤務をこなす日々で、異性との出会いはまったくありません。気づけば30代に突入し、結婚願望があった私は「このまま結婚できなかったらどうしよう」と焦り始めました。そこで、私は看護師を辞め、婚活を開始したのです!

「このままではダメだ!」思い切って職場を退職→マッチングアプリで婚活に専念すると…

 

マッチングアプリに登録!

婚活を開始しておこなったのは、マッチングアプリに登録すること。私が登録したのは「サシ飲み」をするアプリでした。アプリ上で異性のプロフィールを見て興味を持った人に「サシ飲み」を申し込み、相手から承諾が得られたら2人で飲みに行くというものです。しかし、なかなか気の合う異性を見つけられず、「他の婚活方法を試したほうがよいのかな」と不安になっていきました。

 

7人目で運命の出会いが…!

不安も感じ始めていたとき、アプリを通して7人目に会った男性が今の夫です。初めて居酒屋で会ったときに「やさしそうな人だな」と感じました。緊張していて、当時何を話したのかはあまり覚えていません。ただ、一緒にいると居心地がよく、「もっと一緒にいたいな」と思えたのは覚えています。


すぐにお付き合いを開始してデートを重ねました。彼は私が看護師の仕事を辞め、こうして婚活をしていること、辞めた看護師の仕事にも理解を示してくれました。仕事以外では、お互いに野球観戦が趣味だったこともあり、一緒に球場へ足を運んで野球観戦をすることもありました。

 

デートを重ね、彼との結婚を決意

彼とデートを重ねるうちに「しっかり話を聞いてくれる人だ」「私以外の人への接し方もやさしくて丁寧」「資格取得など前向きに頑張っていて、今後一緒になっても安定して生活を送れそう」と感じ、次第に彼との結婚を意識するように。


彼も結婚願望があり、私との結婚を前向きに考えてくれていました。お互いに「そろそろ……」と考えていた時期もぴったりだったので、スムーズに結婚につながったと思います。結婚を決めるにあたって迷いはありませんでした。

 

 

結婚願望はあったものの、看護師として働いていたころは出会いがなく、「結婚できなかったらどうしよう」と不安に思っていました。しかし勇気を出して看護師を辞め、諦めずに婚活を続けたことで気の合う異性と出会い、結婚することができました。


夫とはたまに喧嘩することもありますが、毎日一緒に過ごせて幸せを感じています。彼のためなら料理も仕事も頑張りたいなと思えます。今後も2人で協力しながら、楽しい夫婦生活を送りたいです。

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

著者/大野裕子

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    プレゼント&アンケート

    暮らしの新着記事

  • PICKUP

    お子さまの写真
    投稿で当たる🎁

    ココをタップして
    ︎詳細を確認▶