実家をたたむ⑤年齢ではない!?母の新居探しが難航した理由とは… #47

イラストレーターの和田フミ江さんによる連載マンガです。40代に突入した和田さんの日常エピソードをご紹介! 今回は、新居探しで不動産を巡るも、母の要望が多くて……!?

BBA

親が元気なうちに早めに実家をたたむことにしたわが家。
母を招いて同居するほどわが家にはスペースがなく、ひとまずうちの近くにアパートを借りて母にひとり暮らししてもらうことになりました。今回はそのアパート探しについてです。

BBA

 

当時、母は66歳。まだまだ若いとはいえ、ひとりで賃貸物件を借りるのに年齢が問題にならないか心配していました。

 

結果的に問題はなく、ネットであらかじめ調べておいた物件を回ったんですが、これがもう写真と違う違う……。「ここに母を住ませるなんて無理」と思うような物件ばかりでした。とはいえ、母の条件もなかなか厳しく、単身者用のワンルームアパートはほぼアウト。不安な気持ちであちこち探し回り、日が暮れるころになってやっと希望に合う物件に巡り合ったときは、本当にホッとしました。

 

続いては引っ越しの準備です。
<つづく>

ウーマンカレンダー編集室ではアンチエイジングやダイエットなどオトナ女子の心と体の不調を解決する記事を配信中。ぜひチェックしてハッピーな毎日になりますように!

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーター和田フミ江

    姉妹の母。趣味はゲームと旅行と美味しいものを食べること。著書に「お母さんまであとすこし!」(ベネッセコーポレーション)、「おうちクエスト」(竹書房)など。

    同じ著者の連載

    • コメントがありません

  • 関連記事

    マンガの新着記事

  • PICKUP