「生理用品の購入は恥ずかしいこと?」スーパーで驚きのやり取りが!

生理用品を購入する際、紙袋や黒い袋など中身が見えないように気をつかってくれるものだと思っていました。しかし、数年前あるスーパーで生理用品を購入したときに、私としてはとても驚いたことがあったのです。

「生理用品の購入は恥ずかしいこと?」スーパーで驚きのやり取りがあって…

 

袋はいりません、と言ったばかりに…

私は、レジ袋が有料化になる前から、スーパーなどではマイバックを使用していました。ただ、その日は買い物も少量だったこともあり、マイバッグを持参せず買い物へ。重い物を買うわけでもないし、手で持ち切れないほどの買い物をする予定でもありませんでした。


手で持って行ける品数の買い物をしたので、レジで「袋はいりません」と伝えました。ただ、購入品の中には生理用ナプキンがありました。このとき私の予想では「袋はいりません」と言っても生理用品だけは気づかって見えない袋に入れてくれるものだとばかり思っていました。しかし、現実には袋には入れてもらえず、本当にそのままだったのです。あのとき、驚いたことを今でも忘れません。

 

女性の店員さんだったことも鮮明に覚えている

そのときに対応してくれたレジの方は年配の女性でした。


例えば、若い男性やまだ仕事に慣れていない感じの人だったら「わからなくても仕方ないな」と感じたと思います。でも、対応してくれたのは同じ女性で、ベテラン風の女性でした。同じ女性としてもう少し配慮してくれてもよかったのではないかと思ったのです。

 

「生理用品購入は恥ずかしいこと」ではない!

この出来事があったのは数年前のことですが、当時の私は「生理用品は見えない袋に入れてもらって当たり前のこと」という認識があったんだと思います。しかし、今思うのは「生理用品を購入するのは恥ずかしいことではない」ということです。


当時、「生理用品は隠すもの」という認識だったのが、今では生理用品の購入は、子どもたちのおむつを買うことや、ドラッグストアで薬を買う、と同じような感覚になってきて「隠すものではない」という認識に変わりました。

 

 

 

生理用品を購入することは決して恥ずかしいことではないですし、生理用品も昔に比べてかわいくなり、ポーチに入れていても一見したら生理用品ぽくない物も増えています。今後は同じことがあったとしても堂々としていようと思います。

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

監修/助産師REIKO
著者/sugar111 佐藤

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • 通報
      それはアンタの見た目が普通の女だからでしょ

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    プレゼント&アンケート

    暮らしの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶