マンガ 体験談 23歳でがん!? えみこ

「え!?近所のお姉さん!?」別人に見えたそのワケは......!? #23歳でがん!? 6

1
「23歳でがん!?」第6話。23歳のときに不正出血があったえみこさん。婦人科を受診すると異常が見つかり、大病院を紹介されます。すると、なんと子宮頸がんであることが判明! 子宮頸がん判明後の5年間の闘病体験をつづったマンガです。

連載 23歳でがん!?

続きを読む

23歳でがん!? 第6話

※このマンガは実話に基づいた体験談です。必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

 

「23歳でがん!?」6話

 

「23歳でがん!?」6話

 

「23歳でがん!?」6話

 

泣いてばっかりの診察を終えて会計を待っている間、知らない人に声をかけられた……! と思ったら近所に住んでいるお姉さんでした。

 

小学生のころはよく遊んでいたけど、最近めっきり会う頻度が減っていたので全然わかりませんでした。

 

というのも、ロングヘアーが印象的だったお姉さんはニット帽を深々と被っており、イメージがガラッと変わっていたから。

 

久々に会った私は、診察内容を言えるはずもなく……。モゴモゴしているとお姉さんからサラッと「ガン」という言葉が。

 

あまりにも明るく口にしたので、ガン=癌だと理解するのに時間がかかりました。

 

 

第7話に続きます。

 

※このマンガは実話に基づいた体験談です。必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

 

監修/助産師REIKO

連載 23歳でがん!?

前の話を読む 5話

「ちがっ、わたしはなにも…!」主治医の言葉にまた涙… #23歳でがん!? 5

次の話を読む 7話

「他人事じゃないわよ!!」母が大声をあげたその理由に絶句… #23歳でがん!? 7

最初から読む 1話

「ハイッ?その検査必要!?」まさかの不正出血からの子宮頸がん検査 #23歳でがん!? 1

著者

イラストレーター えみこ


クリスマス生まれ。3人の子どもを育てる、ポンコツワーママ。夫のしでかしをキッカケに、エッセイ漫画を描き始める。温泉と食と読書が好き。お菓子は大好き。


ベビーカレンダー記事制作の取り組み


この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

マンガの人気記事ランキング

みんなが見ている人気の記事をチェック!

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。