暮らし 体験談 体調管理

「ただの肩凝りで!?」眠れないほどの肩の激痛と頭痛が改善するまで【体験談】

0
慢性的な肩凝り持ちのアラフォーママ。コロナ禍でパソコン作業が増えて、肩凝りが悪化し眠れないほどに。病院で「頸肩腕症候群」と診断されてから症状が改善するまでの体験談です。

「ただの肩凝りで!?」眠れないほどの肩の激痛と頭痛が改善するまで【体験談】

 

私はもともと肩が凝りやすい体質ですが、コロナ禍でパソコン作業が増えて、肩凝りが悪化しました。集中して作業する日が重なったせいか、新型コロナウイルスワクチンの接種の影響なのか、首と肩の痛みがひどくなり痛み止めを飲まないと眠れないほどに……。病院で頸肩腕症候群(けいけんわんしょうこうぐん)と診断されてから症状が改善するまでの体験談を紹介します。

 

続きを読む

首と肩がすごく痛い!ワクチンの影響?

「ただの肩凝りで!?」眠れないほどの肩の激痛と頭痛が改善するまで【体験談】

 

私は在宅ワークをしているのですが、緊急事態宣言中は特にほどんど外出もせず1日中パソコンに向かう日が続いていました。パソコンでの作業時間が増えていたため、常に肩はカッチコチ。もともと肩が凝りやすいタイプだったので、湿布を貼って自分でマッサージをして過ごしていました。そしてある日、なぜだかわかりませんがいつもよりも肩と首が重たくて痛いなとは思っていましたが、新型コロナウイルスのワクチン接種2回目を予約していたので受けることに。

 

ワクチン1回目と同様に、利き腕とは逆の左腕に注射をしてもらいましたが、翌日から微熱が出たので痛み止めを飲みました。ワクチン接種の1回目の副反応は、接種部の痛みだけ。2回目は副反応が強く出るとは聞いていたものの、さすがに熱が出ると体が重だるくしんどさも倍増。さらに痛み止めが切れると、首と肩に激痛が……。ワクチン接種の2日後に熱は下がっていたものの、痛み止めが切れると首から左肩にかけて、ひどい痛みが走り眠ることもできなくなりました。あまりにも痛いので我慢ができなくなり、整形外科に行くことにしたのです。

 

頸肩腕症候群=ひどい肩凝りと診断!

「ただの肩凝りで!?」眠れないほどの肩の激痛と頭痛が改善するまで【体験談】

 

整形外科では首と肩のレントゲンを撮りましたが、今のところ骨や神経には異常なし。首の頸椎は本来、緩やかなアーチ状になっているものの、私は真っ直ぐになっているストレートネック。ストレートネックだと肩凝りや頭痛なども起きやすくなるそうです。長時間のパソコン作業や猫背、長く前傾姿勢をしているのも原因のようです。私が診断されたのは頸肩腕症候群、つまりはひどい肩凝り。首の後ろから左肩にかけて、筋肉が緊張して張っている状態なので、筋肉の緊張を緩和する飲み薬と痛み止めの飲み薬、塗り薬を処方されました。

 

またリハビリセンターではマッサージに加えて電流を流してもらい、筋肉の凝りや張りを取ってもらいました。新型コロナウイルスワクチンの影響があるのかを聞いてみたところ、わからないと言われました。ワクチンの副反応かどうか因果関係は、医師にもわからないそうです。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

暮らしの人気記事ランキング

みんなが見ている人気の記事をチェック!

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。