暮らし 体験談 結婚

「危ない?」「変な人だけ?」私が運命の出会いを果たした決め手とコツは

0
私たち夫婦は2020年の11月に結婚。丸3年のお付き合いと、半年の同棲生活を経て結婚した私たちの出会いは「マッチングアプリ」でした。最初は「アプリで出会った人と長くお付き合いできるわけがない」と思っていましたが、私たちにとっては運命の出会いでした。

「危ない」「変な人しかいない」でも運命の出会いがあった!決め手とコツは…

 

続きを読む

やりとりしていて少しでも違和感を覚えた人とは会わない

マッチングアプリに登録すると、すぐ1日20人ぐらいから「いいね」をもらいます。自分も興味をもった人とマッチングをしてやりとりがスタート。よくあるトラブル例の「下ネタなどを送ってくる人」はあまりいませんでしたが、「すぐにLINEを知りたがる人」やメッセージのスピードや内容がかみ合わない人はいました。

 

顔が見えないからこそ、ささいな「ズレ」には敏感に反応し、私は会うのを避けました。

 

実際には10人ほどの男性と会いましたが、どの人ともメッセージを複数回やり取りしていたため、デートはスムーズ。しかし、特にこれといった決め手がなく、アプリにも飽きてそろそろ辞めようとしていたとき、運命の出会いがありました。

 

まじめそうな写真に惹かれてマッチング

彼のプロフィール写真を見た第一印象は「すごく真面目そうな人」。丸刈りで、カメラに向かって笑う写真を見て、直感で「いい人だな」とわかりました。

 

「この人と会ってみて、ピンとこなかったら、マッチングアプリは辞めよう」。そう決めて、やり取りがスタートしました。毎日仕事終わりに、よくある仕事の愚痴など、ありふれた内容をやり取り。会ったこともない私の愚痴を温かく受け止めてくれる彼のやさしさは、写真通りでした。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

暮らしの人気記事ランキング

みんなが見ている人気の記事をチェック!

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。