暮らし 体験談 結婚

「私にチャンスはない」アラサーでモラハラDV男にしがみついていた私

0
モテない私はずっと「30超えた自分に次はない」って思い込み、結婚してほしい一心で、20代半ばから付き合っていたモラハラDV男にしがみついていました。でも、彼と別れたことで、30歳の壁が幻想だったと知ったんです……。

「30を超えた自分にチャンスはない」モラハラDV男にしがみついていた私は今…

 

続きを読む

「30超えたら結婚できない」

私の辞書に「モテ期」なんて言葉はなかった10代、20代。

 

25歳のとき初めてできた彼氏には、喜びよりも「この人しかいない!」という思いのほうが強くて……。彼に執着し続けた結果、気つけば30代に突入していました。

 

「30を超えた自分に次はない」と焦っていた私は、どうしても彼に結婚してもらいたくて、モラハラされてもDVを受けても彼にしがみついていたのです。


でも、あるアクセサリーショップのインスタグラムに、彼と知らない女性がお揃いのアクセサリーを購入している様子の写真がアップされているのを見つけて、私の我慢も限界に! 31歳になったところで彼に別れを告げました。

 

31歳で慌てて婚活

彼と別れた私は、大急ぎで婚活をスタートさせました。

 

このときも「30超えた自分に多分チャンスなんてない……」と諦めモードで、マッチングアプリに登録。すると、あっという間に大量の「いいね」が! そして、登録してすぐのタイミングで「いいね」をくれたのが、今の夫となる彼でした。

 

彼とはメッセージのやりとりだけで気が合い、やりとりが毎日続いたことで彼のことが気になるようになり、1カ月ほどメッセージ交換をしたのち、実際会うことに。


彼との約束当日、私の前に現れた彼はイケメンで好みのタイプ! 人柄もやさしく、明らかにモテそうな雰囲気で……。そんな彼が、30歳を過ぎた非モテの自分に、まさかの熱意を持って交際を申し込んでくれたのです! 2回目のデートのときに「付き合おう」って。

 

このときは返事を保留にしたのですが、3回目のデートでも「付き合いたい」と言ってくれたことに誠実さを感じて、結婚を前提にしたお付き合いが始まりました。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

暮らしの人気記事ランキング

みんなが見ている人気の記事をチェック!

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。