「公務員との結婚…覚悟が必要!」意外!?結婚後の苦労とは…

父親も公務員、そして夫も公務員という女性。彼女が実際に体験して感じた「公務員と結婚することのデメリット」について語った体験談です。

「公務員との結婚…覚悟が必要!?」意外!?結婚後の苦労とは…

 

不況の続く現代の日本では、結婚したい職業として公務員が上位に来る人気をみせているようです。実は私、父も夫も公務員。たしかに公務員は収入が安定していますが、実は結婚後には大きなデメリットもあったのです。

 

続きを読む

父も夫も公務員で安定した暮らしを送ってきた私

私は地元にいる父親も、現在一緒に暮らす夫も公務員です。そのため、これまで不況による倒産やリストラなどとは縁のない生活を送ってきました。

 

実際大学時代から付き合っていた当時の夫が公務員を目指すと聞いたときは、将来結婚したときに収入が安定しているのはとてもありがたいと感じていました。実際新型コロナウイルスが流行している今、景気に左右されない公務員はやはり強いなと思っています。

 

公務員と暮らすときに一番つらいのは災害時

しかし公務員と暮らす場合大きなデメリットもあります。それは災害時など、自分たちが一番つらいとき、基本的にそばにいてくれないことです。公務員がおこなう仕事のほとんどは滅私奉公であり、人や人の生活を守るために存在してます。つまりこれらが脅かされた場合、自分たちの生活よりも、仕事を優先せざるを得ません。

 

例えば東日本大震災で被災したとき、父は職場から1週間1度も帰れませんでした。そのため、私たちは女家族だけで屋根に上り、ビニールシートをかぶせ、崩れた塀や窓を修理しなければいけませんでした。また最近では、新型コロナウイルスが流行し始めたころ、夫は1カ月間泊りがけで対応に追われました。

 

公務員との結婚にはある程度の覚悟が必要

もちろんいつもは残業や休日出勤も少なく、福利厚生も充実しています。しかしやはり、自分たちが一番不安に感じている時期や、男手が欲しいタイミングで必ずいなくなってしまうというのは大きなデメリットだと感じます。

 

また災害時だけそばにいてもらえないのはまだいい方で、警察官や教師、消防士など常にトラブルへの対応が求められる職種の場合は、より一層家族と過ごせる時間は少なくなる恐れがあるのだろうなと思います。そのため公務員と結婚するのであれば、「困ったことや不安があってもパートナーを頼らず自分だけですべて対応し、家族を守る」という覚悟が必要だと私は考えています。

 

 

東日本大震災のときに、公務員と暮らすということはどういうことかについて薄々気づいてはいましたが、今回新型コロナウイルスの流行で、夫から「1カ月帰れない」と言われたとき、そのデメリットを確信しました。公務員の家族になる以上、本当に苦しいときこそ1人で立ち上がる強さが必要です。さらに、その公務員自身も激務にさらされるため、相手を支えられる強さも必要だと感じました。

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

著者/百田

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • 通報
      私の夫は公立中学校の教員です。周りからは、安定職の旦那ゲットしたねなど言われていましたが、今では転職して欲しいと思うことが多々あります。 ①家にほぼ居ない 7:30に出勤して、大抵21:30に帰宅する… もっと見る
      私の夫は公立中学校の教員です。周りからは、安定職の旦那ゲットしたねなど言われていましたが、今では転職して欲しいと思うことが多々あります。
      ①家にほぼ居ない
      7:30に出勤して、大抵21:30に帰宅することが多い。この時間に帰宅されても娘は寝てるので、手伝いはしてもらえません。また、娘も顔を合わせる機会が少ないので、あまり懐きません。
      ② 土日も部活で出勤
       特に大会前は土日出勤して部活動を見ています。大会前でなくてもどちらかは部活動があります。なので、週1の休みをどこかへ連れ回すのは気が引けて、一緒に出かける機会がかなり少ないです。
      ③残業100時間超えても残業代は1万以下
      特給法という法律で教員の残業代は出ません。部活動もほぼボランティア、テスト採点もボランティア、コメントを読むのもボランティア、授業準備もボランティアの様な状況です。また、コロナ化の給食費の返金計算も行っていた様です。
      結婚して旦那になって、初めて教員のブラックさを知りました。教員が結婚しづらいのは、出会いだけでなく結婚後の時間にもあると感じました。 

      本当次の子を考えるのも辛いです。。泣 
    • 通報
      何なら平時でもめっちゃ残業してるよね。
      家の窓から県庁が見えるんだけどいつも土日も遅くまで電気ついてる。
      +33 -0
    • 通報
      災害時などに家族が不在になる不安は、どんな職種でも感じることだと思います。私の家庭も含まれますが、公務員でも救命や救助に関わる職業でも公益性の高い職種ってみんなそうです。 コロナ禍でのこの記事について… もっと見る
      災害時などに家族が不在になる不安は、どんな職種でも感じることだと思います。私の家庭も含まれますが、公務員でも救命や救助に関わる職業でも公益性の高い職種ってみんなそうです。
      コロナ禍でのこの記事について否定的なコメントもありましたが、今忙しい職種としてそんなに取り上げられていない職種でも頑張っている人たちがいるんだということを知れてよかったと感じています。比べるのでなく、「今は大変な職種がたくさんあるよね」「公務員も救命の現場も失業者も辛い中頑張っているよね」という視点で、みんなお互いに労り合う心を持ちたいと思います。
      +185 -12

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    暮らしの新着記事

  • PICKUP