「何時まででしたっけ?」手術前夜、何度も確認されたこととは…?/40代婦人科トラブル#61

実録!40代婦人科トラブル第61話。Michikaさんは中2、小4、小3の三姉妹を育てる母。しかし40代になって久々に受けた健康診断で大きくなり過ぎた子宮筋腫が判明し、2020年の年末に子宮を全摘されたそうです。子宮内膜症でもあったというMichikaさんの手術までの日々をマンガでつづります。【医師監修】

「同じような病気で悩んでいる誰かのお役に立てれば」という気持ちで、描き始めたというMichikaさん。婦人科の病は、女性なら他人事とは思えませんね。

続きを読む
 

Michikaです。こちらは2020年末に子宮筋腫の治療で子宮を全摘出した体験を元に書き起こしたオリジナル漫画です。病気治療記と言っても、専門的な知識があるわけではない素人の主観的な記録です。実際に体調に不安のある方の治療のきっかけや不安の解消に繋がれば幸いではありますが、参考程度にしていただき、必要な方はちゃんと病院に行って診てもらってくださいね。

 

※実際にはマスクをしている場面も、イラストでは省略しています。

 

実録!40代婦人科トラブル#62

 

家族との連絡を済ませ、就寝準備に入ります。

(お風呂の描写は術後のお話で描かせていただくので割愛しています。)

 

実録!40代婦人科トラブル#62

 

実録!40代婦人科トラブル#62

 

実録!40代婦人科トラブル#62

※39話→38話

 

実録!40代婦人科トラブル#62

 

実録!40代婦人科トラブル#62

 

実録!40代婦人科トラブル#62

 

私はイベントの前日などは緊張で眠れなくなるタイプなのですが、このときは意外と大丈夫でした。

病院スタッフさんや、LINEでおしゃべりに付き合ってくれた友人たちのおかげでリラックスできたからかな。

(あと寝ないとおなかが空くので)

 

62話に続きます。

 

 

医療監修/天神尚子先生(三鷹レディースクリニック 院長)

※この漫画は実話に基づいた体験談であり、ベビーカレンダー編集部を通して、婦人科医の監修を受けた記事です。ただし、すべての方が当てはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

 


 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターMichika

    横浜に暮らす中2、小4、小3の三姉妹の母。ブログやInstagramで、漫画やイラストを描いてます。

    同じ著者の連載

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    マンガの新着記事

  • PICKUP