「なんてうまいんだ!」パパが驚きと感動を覚えた息子が放ったひと言とは

「奥さんと子どもに好かれたい」第135話。今回は、息子と遊んでいたときのエピソード。息子のひと言に驚きと感動、そして大笑いをしたというパパ。息子は一体何と言ったのか。

 

続きを読む

奥さんと子どもに好かれたい第135話

親バカ全開です。

YUDAI9℃135-1

YUDAI9℃135-2

 

YUDAI9℃135-3

YUDAI9℃135-4

 

子どもの想像力は計り知れません。
雲が動物の形に見えたり、日常の中で「目と鼻と口」になりそうなものを探して「顔」に見立てたり。


うちの場合は一歩先を行っていました。

 

靴下を脱がせて遊んでいた?息子がふと、僕のくるぶしあたりをみて「カップケーキみたい!」そう言い放ったのです。


一瞬なんのことやら、と思ったのですが足首についた靴下のあとと、カップケーキの紙の部分のヒダヒダが似ているという意味だと気が付いたときには、その例えの鋭さに、驚きと感動で大笑いしてしまいました。

 

自他共に認めるお笑い好きの僕ですので、この例えツッコミのセンスはとてもうれしかったですね(笑)。

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターYUDAI9℃

    2017年6月4日生まれの男の子を子育て中のパパイラストレーター。奥さんと子どもにどうにかして好かれたい一心で、毎日生きている。普段はこぶたのキャラクター「ポトフスキー」を描いている。

    同じ著者の連載

    同じジャンルの連載

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    マンガの新着記事

  • PICKUP