赤ちゃん用果汁100%ジュースはいつから飲んでもいい?

2017/08/10 13:00
赤ちゃんにいつからジュースを飲ませたらいいでしょうか?基本的には3歳ごろが目安です。ジュースはとても甘いため離乳食期には飲ませないほうがいいです。また、幼児期になっても「水分でカロリーを摂らない」ほうがいいでしょう。
カテゴリ│
食・レシピ
中カテゴリ:
離乳食
食べていいもの悪いもの

 

こんにちは!離乳食インストラクターの中田馨です。スーパーや赤ちゃん用品店に行くと、赤ちゃん用の果汁100%ジュースが売られています。赤ちゃんもよろこんで飲むし、手軽な水分補給で、飲ませてしまいがちなジュースですが、赤ちゃんは果汁100%ジュースをいつから飲んでもいいのでしょうか?

 

今日は、赤ちゃんとジュースについてお話したいと思います。

 

離乳食期はジュースをなるべく飲まないで!

結論からいうと、離乳食期の赤ちゃんは、果汁100%ジュースを飲ませないでほしいと思います。どうして赤ちゃんはジュースを飲まないほうがいいのでしょうか?

 

甘すぎる

果汁100%ジュースは、甘すぎます。オレンジを1個絞って、できる果汁はどれくらいでしょうか?おそらく、そう多くはないはずです。ジュースだと、100mlあっという間に飲んでしまいます。

 

そして、本物のオレンジ果汁はジュースよりも薄い味です。果汁100%ジュースは、飲みやすいように調整を加えている場合があるのです。内臓が未熟、味覚を形成する大切な離乳期にあえて飲ませなくていいというのが私の意見です

 

水分でカロリーをとらない

赤ちゃんは、母乳やミルク以外の水分でカロリーをとる必要はありません。水分でカロリーをとらないことを基本にして、水分補給は湯冷ましや麦茶などカロリーのないものにしましょう。

 

いつから飲んでいい?

ジュースを飲んでもいいかな?と私がおすすめしている年齢は3歳以降。とはいっても、毎日飲んでいいわけではありません。「甘すぎる」「水分でカロリーをとらない」というのは、幼児期もさらにその上の小学生でも同じです。

 

ジュースを飲むときの工夫

では、最初にジュースを飲むときは、どうすればいいでしょうか?

・湯冷ましで2~3倍に薄める

・濃縮還元ではなくストレートを選ぶ

・少量だけ与える

 

たとえば。わが家のジュースルールです。私の子どもは小学生2年生と6年生です。わが家の冷蔵庫にはジュースがありません。「ジュースは特別なときに飲むもの」というルールがあるからです。特別なときというと、遊びに行ったとき、外食するとき、誕生日などのお祝いのときなどです。そんなときは、好きな飲み物を飲んでOKです。もちろんそれ以外にも、ほしがるときに飲むこともあります。

 

 

ジュースの味を知らなければ、赤ちゃんがほしがることはありません。あなたのお家ルールを決めて、上手にジュースと付き合ってほしいなと思います。


保育士で家庭的保育所経営。一般社団法人 離乳食インストラクター協会代表。関東と関西中心に、離乳食インストラクター養成講座やママ向けに離乳食講義・料理教室を開催中。「かおりの“和の離乳食レシピ”blog」では1500以上の離乳食レシピを掲載中。

 

 


  • 14
  • 3
  • 20
  • 1

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

食・レシピの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。