「裁判したら負けるよ、いいの?」恐怖感で妻を脅して「自分の欲」を満たそうとする夫はさらに… #モラ夫 39

「顔で選んだ夫がモラハラ夫だった話」第39話。離婚済み2児シンママ・モグさんと顔がタイプのモラハラ元夫との体験談です。女の子の孫を熱望する義母と、早く夜の生活を再開させたいマザコンDVモラハラ夫。

強制的に夫婦生活を再開させられてしまい、無理やり約束させられた「週1」の約束がずれると、夫は決まって機嫌が悪くなる。

 

産後初めての「生贄」になったあと、気持ち悪くて吐いてしまうほど心も体も夫を拒否している……​

 

頭では「約束を守らないと」とわかってはいるけれど、夜になるとどうしても応じられなくて、謝ることしかできない……。

 

そんなとき、夫はありえないことを言い出して……?!

 

続きを読む

「顔で選んだ夫がモラハラ夫だった話」第39話

「顔で選んだ夫がモラハラ夫だった話」第39話

 

「顔で選んだ夫がモラハラ夫だった話」第39話

 

「顔で選んだ夫がモラハラ夫だった話」第39話

 

「顔で選んだ夫がモラハラ夫だった話」第39話

 

「顔で選んだ夫がモラハラ夫だった話」第39話

 

「顔で選んだ夫がモラハラ夫だった話」第39話

 

「顔で選んだ夫がモラハラ夫だった話」第39話

 

「顔で選んだ夫がモラハラ夫だった話」第39話

 

 

「夫婦生活ってさ、夫婦の義務だよ」

 

「俺が裁判で訴えたら、100%モグちゃん負けるよ? いいの?」

 

強要されたとはいえ、自分の意思でそれを受け入れ約束をしてしまった私が不利になって負ける……?

 

裁判になって離婚したら、親権も取られてしまうかもしれない。


DVで支配されていた当時の私は、ネガティブなことしか考えられなかった。

 

どんなに嫌で苦痛でも、「したくない側」が我慢するしかないのかな……そう思っていた。

 

恐怖を煽る言葉で妻を脅し、自分の思い通りにコントロールしようとするモラ夫。さらに夫のありえない言動はエスカレートして……?!

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターモグ

    2児の母でシングルマザー。顔が好みの夫と結婚したら結婚後モラハラ夫に豹変。数年間のモラハラ結婚生活体験談を鳥頭ゆばさんによりマンガ化。著書『顔で選んだダンナはモラハラの塊でした』(KADOKAWA)

    同じ著者の連載

    同じジャンルの連載

    • 通報
      「妻に『生理的に無理』って拒否られたから離婚します」って訴えるのかな。
    • 通報
      妻の体調より自分の性欲かよ。
      +28 -1
    • 通報
      それ以前に性の不一致は離婚事由に該当します。
      +82 -12

  • 関連記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    マンガの新着記事

  • PICKUP