食・レシピ コツ・ヒント 栄養

「妊娠初期の食事の基本」を管理栄養士が教えます!

65

妊娠初期のイメージ

 

妊娠初期は、0〜15週ごろ。赤ちゃんにとっては、体の主な器官ができる重要な時期です。ママの体はつわりの症状が出てくるようになり、嘔吐に悩まされる人も多くなります。今回は、妊娠初期に意識したい食事についてご紹介します。

 

続きを読む

つわりのときは食べる量を気にしたほうがいい?

妊娠初期は、おなかの中の赤ちゃんがまだ小さい時期です。つわりの影響で、食事の量がいつもより少なくなっても、あまり気にしないこと。食べられるときに、ママが食べたいものを食べましょう。

 

空腹になると気持ちが悪くなる場合は、食事を何回かに分けて摂るのもいいでしょう。嘔吐が続くときは、脱水症状を起こすこともあります。水分だけは、しっかり補給するようにしましょうね。

 

妊娠初期、積極的に摂りたい栄養素は?

つわりの時期は無理せずに食べることが大切ですが、できるだけ栄養バランスが崩れないようにすること。栄養素は、たんぱく質・鉄・カルシウム・ビタミン・葉酸を意識した食事を摂りましょう。

 

とくに葉酸は、赤ちゃんの体が作られる妊娠初期にしっかり摂りたい栄養素です。汁物や副菜に、ほうれん草や小松菜などの緑黄色野菜を加えながら、葉酸を意識して摂るように心がけてくださいね。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

食・レシピの人気記事ランキング

赤ちゃんが笑顔になるニュースを毎日更新

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。