子どもの冬ファッションに注意!小児科医が明かす「親御さんが冬にやりがちなNGあるある」とは?

こんにちは。3児のママ小児科医の保田典子です。今回は、人気テーマ「やりがちだけど実はNGな親御さんの行動シリーズ」から、「冬にありがちNG」のお話です。

この記事の監修者

医師保田典子 先生
小児科 | 高円寺こどもクリニック院長

2003年筑波大学医学部卒業、国立国際医療センター、大阪市立総合医療センター小児循環器内科勤務を経て、2014年東京女子医科大学大学院博士課程修了後現職。小児科専門医。一般診療、小児循環器診療に加えて、漢方治療や発達相談にも対応している。2021年、高円寺こどもクリニック開院。3児の母。
新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
18 クリップ

小児科医的にはファッションセンスではなく、安全性や健康の面から、親御さんたちに気をつけてほしいことをお伝えします。

 

NG1:厚着をさせすぎる

冬は寒いので、夏よりも厚着しますよね。大人は寒い日にモコモコした服を着て大丈夫ですが、小さいお子さんはそこまで厚着する必要ないことが多いです。

 

なぜかというと、子どもは大人よりずっと暑がりだから!

冬でもあせものような発疹をよく診察します。冬でもお子さんが汗をかいていたら「こんなに薄着しているけど、暑いんだ!」と思ってください。

 

冬と言っても、お店の中などは暖かくなっています。そんな暖かいところでダウンを着せたままにするのは着せすぎです。店内や屋内では、赤ちゃんの手足が冷たくても、体温がきちんと保たれていれば上着を取ってあげるようにしましょう。


また、汗をかいていないかチェックして適宜調節をしてあげましょう。大きいお子さんは、上着の前を開けるなどして、体温がこもりすぎないようにするといいですよ。

 

寒い日に外で駆け回って遊んで、子どもが「暑い~」と言って上着を脱いでしまうことがありますよね。そんなときは、基本的に脱がせてしまっていいです。

 

とはいえ、たくさん遊んだあとに汗が冷えて風邪をひくことはあります。遊び終わったあとは上着をもう一度着てもらいましょう。

 

 

NG2:寝ているときも厚着にしがち

赤ちゃんや未就園児は、就寝時に羽毛布団など厚手の布団は必要ないとされています。特に、0歳の赤ちゃんは乳幼児突然死症候群の危険もあるため、枕や厚手の布団は基本的に使わないように推奨されています。

 

冬の就寝時の最適な気温は18-19℃とされています。赤ちゃんは布団などの掛けものではなく、室温で調整します。布団よりもスリーパーを着せたほうが安全とされています。0歳じゃなくても、布団を蹴ってしまう子なら、スリーパーにしたほうが風邪の心配もないですね。

 

元気なのに寝つきが悪い、夜中に起きてしまうことがある子は、部屋の環境が暑すぎる可能性もあります。室温や着るもので調整して、お子さんがぐっすり眠れるようにしてあげましょう。

 

 

NG3:マフラーやフード、紐つきトップスなどの冬ファッション

冬は赤ちゃんや子どもの洋服がモコモコしていて、かわいいですよね。そんな冬のおしゃれで気を付けたいのが小物です。

 

特に「マフラー」には注意! 赤ちゃんの顔を覆ってしまうと窒息などの危険があります。まだ小さいお子さんの場合、どこかにひっかかって首が締まってしまう恐れがあります。


同様に、あごの下に留め具がある帽子も注意が必要です。マジックテープで留めるタイプにするなど、すぐに外れるタイプのものを選びましょう。フード付きの洋服にも要注意。遊具などにひっかかり首が締まる危険性があります。

 

詳しくは政府広報オンラインが発表している下記をご確認ください。

⇒「子ども服は、安全性を考えて選びましょう」

 

完璧を求めると「着せられるものがない!」となってしまうかもしれませんが、お子さんにとって「危険なもの」を避けて、おしゃれを楽しめるといいですね。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • 関連記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    プレゼント&アンケート

    医療の新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶