暮らし 体験談 結婚

「夫婦の会話が1時間未満!?」変わってる…多忙過ぎる夫との結婚で…

0
甘々な新婚生活にちょっとだけ憧れはあったものの、現実は私が土日に新居へ通う週末婚でスタート。その後、私が専業主婦になったことで一緒に暮らすことができたのですが、今度は夫の仕事が激務化してしまって……。

「寂しくないの?」夫婦の会話は1時間未満!?多忙過ぎる夫との結婚事情は…

 

続きを読む

新婚生活は週末婚でスタート

現在27歳。入籍して新居も構えました。と言うと、甘々な新婚生活をイメージされそうですが、私たち夫婦はちょっと変わっています。

 

私たちが新居で一緒に暮らし始めたのは、入籍してから7カ月後。それまでは私の仕事の都合もあって、忙しい平日は実家を拠点にし、週末に夫がいる新居へ通う週末婚の形をとっていました。実家で過ごす時間が多かったので、まだまだ妻という自覚はなかったのですが、それでも通い婚の新生活は楽しかったです。


私が職場を退職してようやく共同生活がスタート。これでやっと夫婦一緒の時間ができる……と思いきや、今度は夫の仕事が激務化!平日に夫と顔を合わせられるのは、朝6時から支度を終えて出勤するまでの15分と、深夜に帰宅してごはんを食べるときという、本当にわずかな時間になってしまったのです。

 

夫とのすれ違いを防ぐ3つのルール

平日一緒にいられる時間がほとんどなくなってしまった私たちは、コミュニケーションを積極的にとるよう意識することにしました。とくに重要視しているのが以下の3つ。

 

1)お互いLINEのメッセージはすぐに返す
  例えそれが「ゴキブリ出た!」といったしょうもない内容でも、夫は仕事の合間に返してくれます。
2)挨拶はきちんとする
 いただきます、ごちそうさま、おはよう、おやすみ、行ってきます、ありがとう。どれも大切な言葉ですよね。3)可能なときは一緒にお風呂に入る
  これは、夫の帰宅時に私がまだ起きていた場合に限られるのですが、入れるときは一緒に入るようにしています。ただ、私がゆっくりお風呂派なのに対して夫はカラスの行水派。これに関してだけ、夫はちょっと嫌そうにしていますが……。

 

休日は、できるだけ夫と一緒に過ごすようにしています。彼がアウトドア派なので、ドライブやショッピング、釣り、食事と、いろいろなところに連れ出してくれますし、インドア派の私は「あれがしたい」と言うことが滅多にないので、たまに「家で一緒にパンを作りたい!」と言えば、彼はそれを最優先に叶えてくれます!

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

暮らしの人気記事ランキング

みんなが見ている人気の記事をチェック!

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。