「いい子でいないと見捨てられる」呪縛を持った私が大人になると…!? #優しかった旦那が実は…だった話 14

「優しかった旦那が実は〇〇だった話」第14話。妻のあゆみさんは、両親から「いい子」でいることを求められます。やがて「いい子」でいないと親に見捨てられるのではと不安になるように。そしてその幼い頃からの呪いは、大人になっても消えることはなくて―!?

シングルマザーのあゆみさんは、優しいこうじさんとなら温かい家庭を築いていける、そう思ってこうじさんと再婚。しかし、ある日を境に変わっていく夫。優しかった夫は実は……!?ライブドアブログ公式ブロガーの人間まおさんが、フォロワーさんの体験談をマンガ化! 

 

続きを読む

「優しかった旦那が実は〇〇だった話」第14話 

優しかった旦那が実は〇〇だった話 14

 

優しかった旦那が実は〇〇だった話 14

 

優しかった旦那が実は〇〇だった話 14

 

優しかった旦那が実は〇〇だった話 14

 

世間体を気にする両親から「いい子」でいることを求められてきたあゆみさん。「いい子」でいないと両親から見捨てられる……。そんな不安から、常に「いい子」を演じてきました。

 

それは大人になっても続いてしまいます。

 

幼い頃の呪いは消えることはなかったのです。

 

そんな、両親の機嫌を伺う人生を送っていたなかで、ある男性に出会います。それが一人目の夫でした……。

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーター人間まお

    週2で看護師のバイトをしつつ日常漫画を描く。サルのあげおと共存の日々を送る。旅行と「テラハ」と「ハンターハンター」と果物と動物が好き。

    同じ著者の連載

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    マンガの新着記事

  • PICKUP