「40代がすると痛い?」挑戦して正解!明るくおしゃれに #ときめけ!BBA塾 94

イラストレーターの和田フミ江さんによる連載マンガです。40代に突入した和田さんの日常エピソードをご紹介!今回は、年齢を気にしてなかなかできなかったことに、思い切って挑戦してよかったというエピソード。何に挑戦したかというと……。

BBA

髪の毛の内側だけを染める「インナーカラー」が流行ってだいぶたちます。

 

カラーを入れる場所や範囲、色は本当にさまざま。髪が揺れたり、髪を結んだときにチラリと色味が見えるのがかわいいなぁと思い、ずっとしてみたかったのですが、45歳の女がするのはおかしくないか、悪目立ちしてしまわないかと不安でした。

 

BBA

 

最近特に楽しい予定もなく、仕事と家事に追われる毎日。もんもんとしていた気持ちに勢いをつけたい!と思い、思い切ってインナーカラーにチャレンジ。

 

美容師さんと相談して、左耳の後ろとうなじのあたりひと束だけブリーチして落ち着いたベージュ系の色をのせてもらいました。感想はというと、「思った以上に目立たない!」(笑)。まったく奇抜な感じにはならず、むしろもっと明るい色でもよかったかもと思いました。

 

髪を下ろしていて耳にかけたときや結んだときにカラーが見えて、明るい気持ちになります。おしゃれ大好きな娘たちにはうらやましがられました。

 

新しいおしゃれが気になったとき、「もう40代だから」とか「こんな格好をしたら周りがどう思うか」とつい考えてしまう私。でも、思い切って挑戦してみると全然大したことじゃなかったり、意外と似合うこともすごく多いです。これからも臆せず、気になったものはどんどん試してみたいなと改めて思いました。

ウーマンカレンダー編集室ではアンチエイジングやダイエットなどオトナ女子の心と体の不調を解決する記事を配信中。ぜひチェックしてハッピーな毎日になりますように!

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーター和田フミ江

    姉妹の母。趣味はゲームと旅行と美味しいものを食べること。著書に「お母さんまであとすこし!」(ベネッセコーポレーション)、「おうちクエスト」(竹書房)など。

    同じ著者の連載

    • コメントがありません

  • 関連記事

    マンガの新着記事

  • PICKUP