暮らし 体験談 美容

「毛穴の開き、たるみが気になる…」年齢に合った化粧品選びで肌に自信が!【体験談】

0
40代となり、毛穴の開きやフェイスラインのたるみといった肌トラブルが気になるようになりました。「40代からの化粧品」といったキャッチコピーをよく見かけるようになり、年齢に見合った化粧品選びが重要なのではと思い、アンチエイジングを意識した化粧品を探すことにしました。

化粧水つけているイメージ

 

続きを読む

アラフォーになって気になった肌トラブル

solutionイメージ

 

アラフォーになって、毛穴の開きやたるみが気になるようになりました。毛穴の開きが気になるのは、ファンデーションを塗るときに凹凸ができて目立つからです。それから、フェイスラインのたるみも気になり、年齢を意識し始めたきっかけともなりました。

 

毛穴の開きは毛穴カバーというクリームで対処し、カバー力のお陰でファンデーションを塗ったあとはあまり目立たなくなりました。しかし、根本的な解決とはならず、隠すだけではなく、毛穴の開きを改善しなければいけないと考えるように。そして、CMでよく見ていたので肌改善は化粧品からという考えが思い浮かび、毛穴の開きやたるみに効果のある化粧品がないかを探すことにしました。やはり、肌に直接浸透するものなので効果が大きいのではと考えたのです。

 

ちょうど化粧品を探しているときに、友人からすすめられたことをきっかけに、40代からのアンチエイジングの化粧品を探すようになりました。友人は「40代になったら、早めに対策しないとどんどん老けていくよ。これからのためにアンチエイジングがおすすめ」と、そう話してくれたのが印象的でした。

 

化粧水の成分に着目

化粧水の成分のイメージ

 

ネットで「アンチエイジング化粧品」で検索すると、多くのサイトで皮脂量と水分量が40代に入ると低下すると記載されており、それが肌トラブルと密接に関係していることを知りました。

 

いろいろとアンチエイジング効果のある成分があるようなのですが、私はコラーゲンを増やすレチノールや、坑酸化の効果のあるコエンザイムQ10がしっかりと配合された化粧水を選びました。毎日たっぷりと使えるものと、高濃度の成分配合のものをメンテナンスとして週に1〜3回ほど使う用に2種類購入しました。

 

日常的に使う用としては、低価格で買えるちふれのエイジングケア化粧水「濃厚 化粧水」(880円)を購入しました。そして、メンテナンス用として週に3回ほど夜に使おうと、エステで購入したエイジングケア用で高価格の8,000円の化粧水と7,000円の美容クリームを併用することに。メンテナンス用なので大体この頻度なら3カ月はもつとのことです。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

暮らしの人気記事ランキング

みんなが見ている人気の記事をチェック!

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。