黒田愛美先生の記事

医師

黒田愛美先生

新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
2 クリップ

美容・アンチエイジング専門医。トライアスリート。Zetith Beauty Clinic副院長。1979年東京生まれ。2003年獨協医科大学医学部卒業後、東京女子医科大学内分泌乳腺外科に入局。2007年品川美容外科へ入職、2011年品川スキンクリニック新宿院の院長に就任。2013年同クリニック、表参道院院長に就任。その後、予防医学と分子栄養学を改めて学び、美容外科、美容皮膚科、アンチエイジング内科の非常勤医師として複数のクリニックの勤務を経て、現在に至る。著書に『アスリート医師が教える最強のアンチエイジング』(文藝春秋)。

記事(309)
「老け顔の原因は首にあった?」ノーマークだった首のケアで老化を防止!
年々肌の衰えが気になりだしてスキンケアには力を入れていたのですが、首のケアはまったくしていませんでした。首は年齢が出やすいとは知っていたけれど、まだまだ自分には無縁だと思っていたのが大間違いでした。パッと見では首にシワはないので、顔のシミやシワ、くすみのほうばかり気にしていたのです。なんとなく顔の印象が老けてきたなぁとは思っていたのですが、その原因は顔だけでなく首にありました。私がおこなった首のケアをお伝えします。
「頬のたるみが改善する?」スレッド(糸)リフトってどんな感じ? #美容外科の現場から 1
「美容外科の現場から」第1話。美容外科クリニックで10年以上看護助手兼カウンセラーとして働くパチ美さん。お役立ち美容情報や仕事の裏側をマンガにしています。肌のたるみが気になる人がおこなう施術の1つ、スレッド(糸)リフト。種類によっていろいろと特徴があるようで……。
食いしん坊のアラフィフが人生最後のダイエット。半年でマイナス20kgに成功した方法【体験談】
運動大嫌いのおいしいもの好き。お菓子の新商品は必ず食べたい、飲食店がオープンすれば行かないと気が済まない。そんな食いしん坊のアラフィフでした。気が付けば20代のころのスリムだった体形はどこへやら。今では高血圧、脂質異常症(高脂血症)……。このままじゃ命が危なくなるかもしれないと思い、人生最後の気持ちでダイエットにチャレンジしました。結果、半年間で20kgのダイエットに成功! 食事、筋トレ、仕事と悪戦苦闘した記録の、ほんの一部をご紹介します。
「ショック!小さくても垂れるの?」40歳から垂れ始めた胸のケアのためにやったこと【体験談】
胸が小さいことをコンプレックスに感じていた20代、豊かな胸で洋服をすてきに着こなす人を見ていいなぁ……と思っていました。それでも小さな胸は垂れることはないだろうと楽観的に考え、今まで何もケアをしないで過ごしてきました。しかし、その予想は裏切られ、40歳ごろから胸が垂れてきたのです。それにショックを受けつつも、慌ててケアを始めてみた体験談です。
「サバイバーです!」退院後の説明中、聞き慣れない言葉を耳にして #乳がん絵日記 17
「乳がん絵日記」第17話。2021年に乳がんが発覚し闘病を続けている、こほこさんの体験を描いたマンガを紹介します。こほこさんは乳がんによる右胸の全摘と再建手術を受けました。手術から1週間、退院後の生活について説明を受けていると「こほこさんもサバイバーです!」と看護師さんから言われ……。
「試してびっくり!」パサパサ、ゴワゴワ…アラフォーの髪悩みの改善のため「湯シャン」してみたら…
10カ月ほど前、シャンプーを刺激が少なく髪や頭皮にやさしいアミノ酸系に、トリートメントを洗い流さないものに変えました。そのかいあって、パサツキやうねりが少し改善。しかし喜んだのもつかの間、半年ほどでまたパサツキがひどくなり、ゴワゴワした髪に逆戻りしてしまいました。しばらくは「どうして?」と思い悩んでいましたが、「なんとかしたい!」とまた新たな改善策を探すことにしたのです。
「半年で8kg減!」退職後、お酒を飲む機会が減ったのがきっかけで体重が減り始め…【体験談】
フルタイムで仕事をしていたときには、帰宅後に毎日お酒を飲んでいました。脂っこい物やお菓子などのおつまみも大量に食べていました。もともと飲むのも食べるのも大好きで、おなかいっぱいになる満足感で精神的に満たされていたような気がします。当時は仕事の付き合いで飲み会もありましたし、お酒を飲む機会には事欠かない状況でした。ところが腕のけがと精神的な問題を抱えて退職。その後、ふと気が付くとお酒を飲む機会がぐっと減り、体重も減っていたのです。
2週間で白髪が見え始める現実!髪のダメージが少なく手軽に染める方法を見つけた【体験談】
30代前半までは、ちらほら出てきたものの悩むほどのことでもなかった白髪。気付けば40代半ば、ちょっとお手入れを怠るとすぐに目立って気になって仕方のない問題になってきました。特に30代半ばで出産を経験してから、髪の毛の老化が急速に進んできたと感じています。そこで今回は、そんな白髪をどのように目立たなくさせてきたかについて体験談を紹介します。
「衝撃!10円ハゲが5、6個も」白髪と薄毛の悩みが同時にやってきて…【体験談】
抜け毛、薄毛、白髪など、髪の毛にまで及ぶ加齢の魔の手。40歳手前で白髪が生え始め、年齢を追うごとに増えてきたけれど、まだまだ染めるほどではない。「一度染めたらこれからずっと染めなきゃならないですよ」と美容師さんに言われ、なんとか染めずに頑張ってきたら、最近薄毛のほうが深刻になってきた!? 10円ハゲがいくつも見つかり……。
「え、まっずい…!」抗がん剤の影響で起きる味覚障害がストレスに… #40歳独身で乳がんになりました 25
「40歳独身で乳がんになりました」第25話。40歳独身で乳がんの告知を受けた、島野たみこさんの体験を描いたマンガを紹介します。今回は、抗がん剤の影響で起きる口内トラブルと味覚障害についてのお話。島野さんは抗がん剤を投与して3日目に異変を感じて……。
「自分のすっぴんに感動!」アートメイクしてわかったメリット・デメリット【体験談】
加齢とともに印象が変わってきた目元周り。メイク崩れも気になるように。そんな悩みを解消するため、私は眉毛とアイラインにアートメイクを施しました。実際アートメイクをしてみて痛みはないのか? 色の持ちはどうなのか? アートメイクをしてみて感じたメリット・デメリットなどリアルな体験談をご紹介します。
肥満、肌荒れ、便秘、骨粗しょう症…。気になるトラブルを防ぐ「アンチエイジングミネラル」とは?
「ミネラル」は健康や美容には欠かせない、と耳にするもののどんな成分で、どんな働きをしているのかイマイチよくわからないもの。特に体に必要な成分は「必須ミネラル」と呼ばれ、その数は16種類あります。そしてその中でも、美容界で重視されているミネラルがあるといいます。40代、50代女性にとって必要なミネラルなのでしょうか。美容専門医の黒田愛美先生に聞きました。
いつ測っても36度以下…。「低体温」を放置すると体はどうなる?美容への影響は?【美容専門医監修】
コロナ禍で体温を測る機会が増えましたが、「えっ?低っ!」と思ったことはありませんか。平熱が低いタイプの人は「低体温」とされ、冷え症とは区別されています。体温が低いのはなぜなのか、加齢とは関係があるのか、体温が低いと健康や美容にはどんな影響があるのかなど、気になることを美容専門医の黒田愛美先生に聞きました。
「え、肌に針を刺す?」ひと晩貼るだけでシワシワの目元にハリが!【体験談】
40代の仲間入りをしてから急にシワが増え、肌にハリがなくなり、少し前までは感じなかった肌の衰えに焦りを感じるようになりました。特に疲れた日などの目元のたるみはしぼんだ風船のようです。加齢とともに現れる肌の衰えに逆らうことはできないのかと悩み、美意識の高い友人に何か良い方法はないかと相談したところ、あるアイテムを教えてもらいました。使ってみた体験談をお伝えしたいと思います。
乳がんで左乳房の全摘出手術が決定。入院手術がまさかの年末年始となり…【体験談】
私は2021年の秋、かかりつけの乳腺クリニックで乳がん定期検診を受け、左乳房に腫瘍(しゅよう)が見つかり、がんの疑いでがん治療拠点病院に転院しました。「どうかがんじゃありませんように」と、祈るような気持ちで検査を重ねましたが、11月初めに乳がんの告知。その乳房を全摘出手術することになりました。この話は、私の入院手術のタイミングがまさかの年末年始に決まり、家族と離れて年末年始を過ごした体験談です。
40代の頑固なセルライトがお金をかけずに消えた!3カ月で成功した方法とは【体験談】
かつてはツンと上を向いていたおしりが、2回の出産を経て垂れ下がり、太ももとの境にはびっしりと頑固なセルライトがあるではありませんか。もう鏡を見るたびにがっかりでした。とはいえ、エステに行くような大金はありません。ならば、お金をかけずに自己流でセルライトの除去を試してみよう! そう思い立ち、3つの方法をおこなってみることにしたのです。その結果、3カ月でセルライトが消え、つるすべ肌を取り戻すことができました。その方法をお伝えします。
「え? 胃潰瘍?」抗がん剤投与後に起こった激しい胃痛の原因は… #40歳独身で乳がんになりました 24
「40歳独身で乳がんになりました」第24話。40歳独身で乳がんの告知を受けた、島野たみこさんの体験を描いたマンガを紹介します。初の抗がん剤を投与してから約48時間後、激しい胃痛が起きた島野さん。受診すると胃潰瘍だったそう。そうなってしまった原因は……?
ハリ・コシ・ツヤなし髪を何とかしたい!美容師さんから聞いた「最低限守るべきルール」とは
40代ともなると、今までの髪形が似合わなくなってきたと気付くときが来ました。今までの髪形が似合わないのは、髪の質が変わってハリ・ツヤ・コシがなくなってきたことも1つの理由であると思いました。そこで、美容師さんから聞いたズボラでもできる「最低限守るべきルール」で髪が変わってきた私のリアルな日常をお伝えします。
健診結果と友人のひと言に衝撃!予想以上に体重が増加し、食生活を振り返って反省…【体験談】
私は食に関することが好きで、よく作ってはよく食べていました。家で仕事をしているため、休憩時間にはキッチンに立つこともあります。いつでも手を伸ばせば食べ物が手に入る環境で、気付けば体重が増えていたのです。そんな私が改めて自分の食生活を見直した体験談を紹介します。
PICKUP

同月齢の赤ちゃん
ってどんな感じ?

みんなの成長アル
バムで早速見る▶