「せめて家の中では…」国際結婚のつらさ!それを理解した夫に泣ける…

オーストラリアで出会ったブラジル人男性と国際結婚、現在はブラジルで暮らしています。国際結婚だから大変だと思ったことはほとんどありませんが、異国で暮らすことについてはやはり大変なことが多いと言わざるを得ません。

「せめて家の中は…」妻の意見を最大限優先!夫がそうした理由は…

 

それでも頑張れるのは、私を最大限に尊重してくれる夫がいるから。国際結婚、異国で夫のやさしさを感じる日常の話です。

 

続きを読む

文化も風習も違う国で暮らすということ

「国際結婚」というと、多くの人がこういうふうに反応します。「大変だね」と。日本人と結婚したことがないので比べようはないのですが、個人的には「国際結婚だから大変」と感じたことはありません。結婚は個人と個人の関係であり、日本人同士でも育った環境や考え方が違うと、一緒に暮らすのが大変ということには変わらないと思うからです。

 

ですが、言葉や文化、風習が違う国で暮らすことは大変だと感じることは多いです。日本では時間通り約束通りに物事が進んでいきますが、ブラジルではそうではありません。移住して10年経った今では「ブラジルが好き」といえますが、移住当初はいろいろなことが違い過ぎて本当にストレスがたまりました。

 

私の習慣を尊重してくれる夫とその理由

そんななか、なんとかやってこれたのは、私の習慣や意見を最大限尊重してくれる夫がいたからです。夫は「遠い異国の地に来て、家族から離れて暮らすのはつらいはず。だったらせめて家の中だけでもリラックスしてほしい」と私のことを気づかい、家の中のことは日本人である私の考えや習慣を優先してくれたのです。

 

例えば家の中で靴を脱ぐこと。ブラジルでは家の中でも靴は履きっぱなしが当たり前ですが、わが家は日本人である私に合わせて、靴を脱いでもらっています。またブラジルでは予告なく人が家に訪ねてくることがしょっちゅうありますが、夫は私の日本人的感覚を理解して、人を呼ぶときはなるべく私に事前に知らせるようにしてくれています。


こまかいことですが夫がそういった気づかいをしてくれたおかげで、移住当初のストレスもなんとか乗り越えられたのです。

 

理解者が傍にいてくれるから頑張れる

夫が最大の理解者でいてくれたおかげで、私も積極的にブラジル人社会に飛び込んでいくことができました。失敗しても家に戻れば良い、他のブラジル人が私のことを理解してくれなくても私には夫がいる!という安心感があったからです。


その結果として、私はポルトガル語も流暢に話せるようになり、ブラジルの現地企業で仕事をし、ブラジルの生活習慣にも慣れ、ブラジル社会に溶け込むことができました。それでも夫は「せめて家の中だけでも最大限にリラックスしてほしい」と、私がブラジルの生活に慣れた今でも、家の中のことはほとんど私に決めさせてくれます。いつまでもパートナーへの気遣いを忘れず尊重してくれる夫には、感謝しかないです。

 


異国での生活はストレスがたまることも多いです。私の場合は幸運なことにパートナーが私の最大の理解者になり、私を尊重してくれたので乗り越えてこれました。これからも夫に感謝し、夫の気遣いややさしさにあぐらをかくことなく、自立し夫を支えていけるように頑張りたいと思っています。

 

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

 

著者/レイトン愛加

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    暮らしの新着記事

  • PICKUP