「さすがに言えない!」入社早々、生理痛でピンチ…そこに神の声が!!

毎月のように生理痛に悩まされ、ひどいときには痛み止めを飲んでも効かないことがあった20代前半のころ。仕事をしていくうえで支障が出るのではないかと心配するほどでした。案の定、勤務中におなかが痛くなってしまい……。

「つらいけど言えない」入社早々ピンチ!職場の雰囲気はまさかの…

 

続きを読む

つらいけど言い出せない

独身で仕事をバリバリこなしていた20代前半のころ、私は毎月ひどい生理痛に悩まされていました。当時、飲食店にホールスタッフとして入社したばかり。その日は朝から特に鈍い痛みに襲われ、仕事前に痛み止めの薬を飲んでいたものの一向に効かず……。痛みに耐えながらずっとおなかを押さえている状態でした。

 

周りの気づかいと理解に感涙

まだ他のスタッフとそれほど親しくなれておらず、「おなかが痛い」と言い出せず我慢していました。そんな私に「体調悪いの? もしかして生理痛?」と1人のパートさんが声をかけてくれたのです。


パートさんは「言いづらかったよね。ここの職場、生理痛がひどい人が多いから遠慮なく言って!」と笑顔で背中をさすってくれました。私は気づいてもらえたことがうれしかったのと情けなさで、思わず涙目に。


職場では店長以外は女性だったので生理に対して理解があり、パートさんから遠回しに店長に私の体調のことを伝えてくれました。他のスタッフからも気づかいの言葉や、なかには温かいお茶を持ってきてくれる人もいて、やさしさでさらに涙が……。時々休ませてもらいながら仕事をこなし、無事に1日を乗り切ることができました。

 

生理の人をカバーし合う職場

その後も他のスタッフが生理痛で体調が悪いときには、周りのスタッフでカバーし合い乗り越えていました。女性ばかりの職場でも、体調が悪いスタッフに対してトゲのある態度をとる人はおらず、男性である店長も、既婚者ということもあってかよく理解してくれていました。


友人からは「生理に関してこんなに配慮してくれる職場は珍しいよ」と何人にも言われ、恵まれた環境に感謝した出来事でした。

 


こんなにも生理に理解がある職場とは思いませんでした。毎月のように生理痛に悩まされていた私は、この出来事のおかげで仕事を続けていくうえでとても安心したことを覚えています。また、自分が気づかってもらうだけでなく、同じように生理痛でつらい思いをしている人が周りにいたら声をかけてあげようと思うようになったきっかけでもありました。

 

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

 

著者/樋山ゆり菜
監修/助産師 REIKO

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    暮らしの新着記事

  • PICKUP