「たかだか何百円だろ?」ありえない!父が「生理の貧困」を軽視する発言をして…

実家から離れて住んでいる私と姉がたまたま同じ時期に帰省したある日、生理の貧困についてのニュースが流れました。家族でそのニュースを見ていると、父が生理の貧困をバカにしたような発言をしたのです。そんな態度が許せなかった私と姉は……。

「たかだか何百円だろ?」ありえない!父が「生理の貧困」を軽視する発言をして…

 

続きを読む

生理用品代に悩まされた過去

10年以上も前のことです。私は高校卒業後、田舎にある実家から上京し就職。夜遅くまで働くことも少なくありませんでしたが、当時の給料は手取りで15万円ほどでした。そこから家賃、光熱費、食費、実家への仕送りに加え、薄化粧であることを上司から注意されてしまったことから、化粧品にもお金が消えていったのです。そこに毎月の生理用品代がかかることが私にとってはとても負担に感じたのを覚えています。

 

また、私より3つ年上の姉は地元で保育士をしています。姉は生理痛がとても重く、生理になると1日中寝込んでしまうことも。生理痛を緩和するため大人になってからは低用量ピルを服用するようになりました。保育士の姉の給料は本当にびっくりしてしまうほど安く、姉もまた毎月の生理用品代を負担に感じていた時代がありました。

 

父から信じられない言葉が…!

時が経ち、今では姉と私はお互い結婚して実家から離れたところに住んでいます。たまたま帰省する日が同じになり、家族みんなでテレビを見ていると”生理の貧困”というテーマのニュースが流れました。私と姉は生理用品を買えないとまではいかなかったものの、もったいないからという理由でナプキンを頻繁に替えないようにしたことがあり、ニュースで紹介されたエピソードに共感していました。

 

しかし、そのニュースを見た父が怒ったような口ぶりで「生理用品なんて何百円だろ? 毎月たったそれだけのお金が払えないなんてお金の使い方がおかしいんじゃないか。買えないんじゃなくて、買わないだけだろ」と言ったのです。自分の昔を重ねてニュースを見ていた私は、父の発言に悲しさを覚え、腹が立ちました。それは姉も同じだったようで……。

 

初めて父へ生理について話すと…

普段はとてもおっとりしている姉が、とても静かにハッキリした口調で「お父さんは知らないだろうけど、私もナプキンを買うお金がもったいなく感じて頻繁に替えることを我慢したときがあったんだよ。生理痛もひどくて低用量ピルを服用していて診察代もかかるし、毎月何千円も支払っているの」と言ったのです。

 

母には話したことがありましたが、生理用品代を負担に感じたことがあったことだけでなく、会社で経血がモレて恥ずかしかったことや生理痛、PMS(月経前症候群)で苦労したことなどもこのとき初めて父に話をしました。私たちの話を聞いた父は、「まさか自分の娘たちが」と少しショックを受けたような表情で「何も知らなかった。ごめん」とひと言、謝罪の言葉を発したのでした。

 

 

その後、父と姉と私は生理の貧困について調べ、生理の貧困とは経済的なことだけを指すのではなく、虐待やネグレクトなども背景にあることを初めて知りました。生理の貧困のニュースをきっかけに父だけではなく、私たち姉妹も生理について理解を深めることができた体験となりました。

 

 

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

著者/米久熊代
イラスト/塩り
監修/助産師 REIKO

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • 通報
      ↓の方はちゃんと記事読んでるのかな? 生理用品だけではなく、生理のために通院してたりそもそもの家庭環境だったり周りの理解不足で買えないって事だと思ったんだけど 乱暴な言い方すれば生活水準下げれば出来る… もっと見る
      ↓の方はちゃんと記事読んでるのかな?
      生理用品だけではなく、生理のために通院してたりそもそもの家庭環境だったり周りの理解不足で買えないって事だと思ったんだけど
      乱暴な言い方すれば生活水準下げれば出来るよって言いたいんだろうけど、なんか上から目線ってゆーか記事と論点が違うってゆーか、、、
      +57 -20
    • 通報
      生活用品が買えないと生活保護の対象になるけど、どうせ豪遊した結果の貧困でしょ。 手取り11万の医療事務勤務してた時でさえ生理用品なんかで貧困を嘆くなんてしなかったわよ。 しかも遠距離恋愛でデート代出… もっと見る
      生活用品が買えないと生活保護の対象になるけど、どうせ豪遊した結果の貧困でしょ。

      手取り11万の医療事務勤務してた時でさえ生理用品なんかで貧困を嘆くなんてしなかったわよ。
      しかも遠距離恋愛でデート代出してても年間50万の貯金も出来てたからね。

      新卒入職半年で私も具合が悪く見えるからチークを強要されたけど、上司の更に上に相談して化粧をさせるなら給与を上げるか強要しないかどちらかにするよう伝えたら化粧の強要は無くなった。

      スマホだって出先でネットを使わないように節約すればギガ数少ない安い機種で月々の出費は抑えられる。

      この記事の言い分が通用するなら、極端な言い方をすれば下着や服も貧困を言い訳にして買わないのかな?

      女性は生理用品で出費がかさむけど、だからってそれを言い訳に使うのはお門違い。
      男性だって夢精で下着や布団を何度も洗うし、女性より成長が長いから靴や服のサイズ買い替えが多い。
      でもそんな出費は生きている以上仕方のない事。

      そんなに生理の出費くらいで声を荒げるくらい貧困なら、子育も出来ないだろうから子宮を取ってしまえば手っ取り早いよ。

      生理痛が重くてしんどくて何もかも「女で生まれたばかりに」と悲観したくなる気持ちは分かるけど、それでも女として生まれてきたのは私達の細胞のせいなんだから受け入れて生きていくしかないんだよ。
      +25 -151
    • 通報
      生理が「女性だけ」の、「隠されるべき」話題ではなくなってきている昨今。生理の貧困がニュースになるくらいなのだから、それが「たかが数百円」の問題ではないことを知ってほしい。同じ女性でも生理痛が軽い人や出… もっと見る
      生理が「女性だけ」の、「隠されるべき」話題ではなくなってきている昨今。生理の貧困がニュースになるくらいなのだから、それが「たかが数百円」の問題ではないことを知ってほしい。同じ女性でも生理痛が軽い人や出血量が少ない人から「たかが生理」とか「生理なんて軽い」とか「病気じゃないんだから甘えている」とか聞かれることもある。私も以前、生理痛が酷くて薬を飲んでも効かず動けなかったとき女性上司にキツい言葉を投げかけられたことがあった。どれだけ自己管理していても、周りに迷惑掛けたくないと思っていても、無理なときは無理なんです、本当に。
      悩む人は他の病気と同じように病院だって行くし、必要な生理用品だって「たかが数百円のもの」1つ、1種類で済むわけではない。量や時間帯など状況に合わせて選んだり、肌がかぶれる人はまず肌に合うものを探すところから始まる。
      お父さんもまさか自分の娘が「生理の問題」に直面したことがあるとは思わなかったんだろうし悪気はなかったんだろうけど、自分が経験したことのない辛さを軽んじるのは、ちょっと思慮に欠けていたね。
      中にはお金の使い方に問題があって生理用品を買うお金が無い人もいるだろうけど(超少数派であってほしい……)、本当に必要なのに買うことができない人が安心して生理用品を使って、自分の体や心と向き合うことができるようになったらいいな。
      +58 -13

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    暮らしの新着記事

  • PICKUP