「えっ、プロポーズに失敗!?」彼の告白にびっくり!思い返してみると…

私は4年前の8月にプロポーズを受け結婚しました。しかし、プロポーズのあと、夫から実はその数カ月前にもプロポーズを実行しようとしたものの、見事に失敗したということが判明! 私は「いつの話?」と気づかなかったのですが……。

「えぇ、いつ!?」まさか!?プロポーズ失敗の告白を彼から受けて…

 

続きを読む

クルーズディナーを積極的にすすめる彼

ある日、彼が「こういうクルーズディナーを見つけたんだけど行かない?」と私に声をかけてきました。普段は私がここに行きたいと言って旅行先が決まることが多く、彼が積極的にクルーズディナーをすすめて来るのは珍しいこと。そう、彼はここで私にプロポーズをする予定だったのです。

 

ただ、当時の私は「よほどクルーズ船に乗ってみたいのかな」くらいの感覚でいたため、違和感もなく、何も感づいていませんでした。

 

クルーズ船のサイズを見誤って船酔いする2人

実はもともと私たちは乗り物酔いがしやすい体質。船などはその中でももっとも酔いやすい乗り物です。しかし彼が「クルーズ船など船のサイズが大きければ、船が揺れないため船酔いもしない」と豪語していたため、当日私たちは、酔い止めの薬なども用意せず意気揚々と出かけました。

 

しかし、用意されていたクルーズ船は想像よりも小さな中型サイズ……。案の定、船が出航後すぐに気分が悪くなり、2人とも食事や景色を楽しむ余裕もなく、トイレにこもりきりの状況になってしまいました。もちろん彼もプロポーズどころではない状況。かくして、彼のプロポーズ作戦は失敗に終わったのです。

 

2度目のプロポーズ後に失敗していたことを告白

その数カ月後、彼が仕切りなおしておこなったプロポーズを受けて、私たちは結婚することに。そして、彼から「実はクルーズ船でのディナーのあとプロポーズするつもりだった」と明かされました。

 

そう言われてよくよく思い返してみると、船から降りた後の彼は異様に落ち込んでいたのです。しかし、その姿を見て「よっぽど船に酔ってしまったのだ」と勘違いした私が、彼に一生懸命水を飲ませたり、休ませたりと介護しようとしていたことも思い出し、そのすれ違い方に私は笑いが止まりませんでした。

 

 

当時の彼はこの失敗に相当落ち込んでいましたが、今ではお互いに良い思い出として笑いながら話をしています。

 

これからもきっと落ち込むことやつらいことはたくさん起こるかもしれませんが、今の暮らしを大切にしながら2人で乗り越え、このエピソードのように笑い話にしていきたいと思います。

 

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

 

著者/百田
イラスト/マメ美

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    暮らしの新着記事

  • PICKUP