「ごめんね…」2人の娘を育てるも、私は次女に申し訳ない気持ちでいっぱいに。そのワケは…【体験談】

私には2人の娘がいますが、次女に対しては申し訳ない気持ちでいっぱいです。次女は、長女が3歳のときに妊娠し、長女が年少さんにあがったころに出産しました。しかし、振り返ると次女の2歳前の記憶や思い出がとても少ないのです。なぜ、こんなことになってしまったかというと……。

赤ちゃん返りのイメージ

 

顔を見ながらおっぱいをあげられず

繊細でお母さんが大好きという長女。2人目の妊娠を長女に伝えると、長女は「自分は赤ちゃんだ」と言い出しました。3歳を過ぎ、身の回りのことは自分でできるようになっていたのに、着替えもごはんも「お母さんがやって!」「お母さんが食べさせて!」と一切しなくなる始末。
 

次女が生まれてからはさらに大変で、授乳や抱っこをするたびに大泣き。授乳をするときは泣いている長女に声かけをしていたので、次女の顔を見ながら授乳することができず、おっぱいを飲んでいる次女の姿があまり思い出せません。

 

いつも抱っこで長女のお供

次女が生まれた当時、私は長女の幼稚園の送り迎えをしたり、習い事に連れて行ったり、友だちとの公園遊びに付き添ったりと大忙し。その間、次女はいつも抱っこです。公園で遊ぶ際などは長女から目を離すことができないため、次女の顔をゆっくり見て話しかける余裕はなし。とにかく、長女がやりたいことをやり、行きたいところに行き、次女は抱っこされてそれに付き合うという感じでした。

 

次女とはいつも一緒にいたのに、目は長女を向けているほうが多かったのです。毎日忙しくしていたこともあり、室内で次女とゆっくりと遊んだ思い出が少ないです。長女が幼稚園に行っている間はなるべく向き合おうとしたのですが、疲れていて一緒に寝てしまうことが多くなってしまいました。

 

次女との思い出や写真が少ない

長女が初めて経験することは、母にとっても初めての経験。そのため、初めての寝返り、初めての離乳食、おむつ外しなど、イベント一つひとつが未知の世界で、そのときの様子や、自分がそのとき感じたことを鮮明に覚えています。

 

ところが次女のときは2度目ということもあり、そこまでのインパクトがなく、鮮明には記憶に残っていないのです。調べることも悩むことも少なかったことだけでなく、長女に意識がいっていたことも原因だと思います。

 

 

当時も次女のことは本当に大切に思っていました。ただ、2人の幼い子を育てるのにいっぱいいっぱいだったのです。今は次女に対し、2歳より前の記憶がおぼろげでごめんねという気持ちでいっぱいです。娘たちが6歳と2歳半になった今、育児にもだいぶ余裕が出てきました。ようやく次女と向き合う時間が増えたので、今はたくさんの思い出を一緒に作っています。

 

監修/助産師REIKO


著者:小川恵子

8歳と4歳の姉妹の母。育児サークルの幹部や習い事、執筆活動など、精力的に育児を楽しんでいる。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    プレゼント&アンケート

    ママトピの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶