「生理中に大量出血」貧血を起こして倒れ、嘔吐に腹痛も。原因は…【体験談】

重い生理痛などは経験したこともなく過ごしてきましたが、40代に入ってから経血量が増えて日数も長くなり、ひと月の半分が体調不良なんてこともありました。何かの病気?と婦人科に行っても特に問題はなし……。体調不良が改善せずに悪化してしまった話をお伝えします。

この記事の監修者

医師駒形依子 先生
産婦人科 | こまがた医院院長

東京女子医科大学医学部卒業。米沢市立病院入職後、再び東京女子医科大学に戻り、専門医を取得。同大学産婦人科に入局し産婦人科医として働きつつ、性科学を学び、また東京女子医科大学東洋医学研究所で東洋医学を学ぶ。2019年1月に地元山形県米沢市にて、こまがた医院を開業。著書に『子宮内膜症は自分で治せる(マキノ出版)』『膣の女子力~女医が教える「人には聞けない不調」の治し方(KADOKAWA)』。
新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
1 クリップ

腹痛のイメージ

 

40代になって重い生理痛に悩まされる

座っているイメージ

 

40代になると早い人は更年期の症状が出てきてもおかしくないと聞いていたので、時々体調がすぐれないことがあると「体調不良は更年期のせいかな? 仕方がないかな?」と諦めるようになりました。実際に40代になってから、生理が重い・量が多い・長引くなどの症状が目立つようになり、出血がひどく動けないということも度々ありました。

 

大量出血は長くても1~2日で、病院へ行こうかな? と思いながらも出血のひどいときに病院に行くのは嫌だなという気持ちが強く、実際に行こうかと思ったときには落ち着いていることがほとんどなので、病院へ行くチャンスがありませんでした。そして「更年期はもっとひどいはず」というイメージもあったので、この程度で行くのは恥ずかしいと思っていました。

 

不正出血か!?大量出血で病院に相談する

スマホで調べているイメージ

 

2年前、42歳のときに腎盂腎炎になったことがあり、薬を服用していた時期に生理が重なって初日から出血が多く、このときはいつもと違うなと思いました。生理というより出血というほうが合っている感じで、夜用の一番サイズが大きいナプキンを1時間で取り換えなくてはいけないほど。このまま出血が治まらなかったらどうしよう……という不安があったので婦人科に相談しましたが、「腎盂腎炎の治療中ということもあって、出血量が多いのかもしれない」ということで、しばらく様子見となりました。

 

実際、病院に相談した翌日には量が少なくなり、いつもより長い生理ではありましたが、落ち着いていきました。そして腎盂腎炎の治療後はいつもと変わらぬ生理に戻ったため、薬が関係していたのかもしれないと思いました。

 

連日の大量出血でトイレで貧血に!

体がつらいイメージ

 

そして今年、顔がまひして歪んでしまう三叉神経痛(顔面神経痛)の症状があって薬を飲んで通院をしているときに生理が始まり、今回も量が増えてきました。薬局でもらった薬の説明書に薬の副作用で月経過多・生理不順も起きると書いてあったので、それなのかもしれないと思い、まずは薬局で薬の副作用について相談しました。薬剤師の方が言うには「その可能性はあるかもしれないですが、あまりにひどい場合には婦人科に行ってください」とのことでした。

 

顔面神経痛の治療薬は、病院での投与と錠剤の服用の併用で、病院で投与されたあとは副作用のせいなのか、体全体がだるく動くことができなくなります。いつもは数時間でその不調も治まるのでその日も帰宅して横になっていましたが、おなかが痛くなってきたためトイレに入ったら、その瞬間に目の前が真っ暗になりました。

 

トイレにどのくらいいたのかわかりませんが、家族に起こされて目を覚ましました。血の気が引いているような感じで、気持ちが悪く、嘔吐と腹痛の繰り返しです。クラクラした頭で、いつもとは違うと感じましたが、動くことすらつらいため、その日は病院に行くことができませんでした。

 

翌朝、病院へ行き、薬の量を減らしてもらうことにしました。薬の量を減らしたことで、病院での投与後の不調もなくなり、その後は貧血で倒れたときのような不調を感じることなく生理も終わり、顔面神経痛の副作用と生理の量についての因果関係は結局わからずじまいでした。

 

まとめ

私の生理中の大量出血は、薬を服用しているときがほとんどで、後日婦人科で検査をした結果、更年期の症状や子宮などの問題とは関係ありませんでした。生理不順などの症状は、病院に行くのが恥ずかしいので行かないとか、タイミングがわからずに適切な治療を受けることができないことが多いようです。事実、私も一番ひどい状態のときは受診ができませんでした。

 

副作用などの疑いがあるのか、あるいはそれ以外なのかは自己判断をせずに通院中の病院にまずは相談をして判断を仰ぐことで不安を解消するようにしています。最近は副作用・副反応などの話題が多かったので、今回は体調不良をすぐに病院で相談できたのがよかったと思っています。

 

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

 

ウーマンカレンダー編集室ではアンチエイジングやダイエットなどオトナ女子の心と体の不調を解決する記事を配信中。ぜひチェックしてハッピーな毎日になりますように!


著者:サトミオリ

小学生男子2人に振り回されながら毎日大騒ぎの育児。子どもたちに振り回されているせいか、年齢のせいなのか、次々と体の不調が出てきている。一つずつ完治をさせながらも、年になったなぁと凹んだりしていている。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    プレゼント&アンケート

    医療の新着記事

  • PICKUP

    お子さまの写真
    投稿で当たる🎁

    ココをタップして
    ︎詳細を確認▶