「しんどさはわからないから…」生理痛を心配した夫の行動が神過ぎる!

1人目を出産して約3カ月後に生理が再開。ところが、妊娠前より生理痛がひどくなり、毎回しんどい思いをしていました。そんなとき、頼れるのはやっぱりパートナー。生理痛でグッタリしていると、夫が心配してくれて……。

「夫、神過ぎでは!?」産後、生理痛が悪化!心配した夫の行動に…

 

続きを読む

1人目を出産後、生理痛が悪化

27歳のときに1人目を出産。産後3カ月くらい経ってから生理が再開しました。

 

ところが、産後再開した生理は妊娠前よりも生理痛が重く、生理期間中は毎日イライラ! 体もダルくて仕方がなく、家事も思うようにできませんでした。

 

そんなとき毎回フォローしてくれるのが夫です。私がイラついても文句ひとつ言わず「休んでていいよ。ゆっくりしてな」と、生理のたびに声をかけてくれるのです。

 

生理に理解のある夫

私は、お付き合いをしているころから彼に生理のことをオープンに話してきました。生理のときはどうしてもトイレに行く回数が増えますし、一緒に暮らしていればナプキンを目につくところに置くことだってあります。そんなときヘンに隠したりせずオープンにしていれば、パートナーも理解を示してくれるのではと思って伝えていたのです。

 

それもあって夫は生理にとても理解があり、生理時の体調変化にも敏感。私から言わなくても「生理?」「おなか痛いの?」と気づいてくれることもあります。

 

夫のやさしい言葉がしみて…

生理のときは「温まるよ」と毎回ホットレモンを作ってくれたり、おなかに手を当ててなでてくれたり、腹巻を買ってきてくれたりしてくれる夫。

 

あるとき、今までにないほどの生理痛に襲われ、まったく動けなくなってしまったことがありました。すると夫は、娘のお世話から家事まですべて担当してくれたのです!

 

仕事も忙しいのに、家事も育児も任せてしまって申し訳ないと思っていた私。でも夫は、「しんどさやつらさは理解してあげられないから、できることはしてあげたい」と言ってくれました。

 

この言葉を聞いたとき、こんなにやさしい夫と結婚してよかった!と心の底から思いました。

 

 

つらいときは無理せず、頼れるときは助けを借りてもいいのだと気づきました。それがパートナーであればどれだけ幸せなことか! 安心して夫に頼ることができることに、ありがたいと実感する日々。私も、夫がつらいときはサポートしてあげられるようになりたいと思っています!

 

監修/助産師REIKO
文/うえゆいさん

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    暮らしの新着記事

  • PICKUP