「ついてきてくれ!」→「無理!」プロポーズをバッサリお断り。そのワケは…

私が彼と付き合い始めたのは高校生のころで、いずれはこの人と結婚したいなと思っていました。それから社会人になって3年目、彼に転勤の辞令が。そのとき「ついてきてくれ」と彼からプロポーズをされたのですが……。

 

続きを読む

「ついてきてくれ」彼からプロポーズ

中学生のときに出会い、私が彼と付き合い始めたのは高校生のころ。社会人になっても同じ街に住み、その関係は変わらず続いていました。私は結婚するならこの人とがいいな、この人しかいないなと思っていました。

 

ところが、社会人になって3年目、彼に転勤の辞令が。しかもその場所は、このとき住んでいた街から電車で6時間の距離。彼はこのとき、プロポーズするなら今しかないと思ったようで、意を決したように私に「ついてきてくれ」と力強く言ってくれました。

 

私は彼のプロポーズを…

「ついてきてくれ」と言われ、もちろんうれしい気持ちもありましたが、私はその場で「今は無理」と断りました。なぜなら、このとき私は仕事が波にのってきて、楽しくて仕方がなかったからです。彼といるときも、私は仕事の話ばかりしていたように思います。

 

彼についていくということは、その仕事をやめなければなりません。彼と結婚はしたいけれど、仕事をやめるという選択は、このときの私には考えられませんでした。

 

次第に彼と一緒にいたいと思うようになり

住む場所が遠距離になってからは、1~2カ月に1回会えるかどうか。それでも私たちは、お互いにスケジュールを調整しながら、なんとか付き合いを続けていました。そうしていくうちに、私のなかでの価値観が変わっていき、やはり仕事をやめてでも、この人と一緒にいたいと思うようになりました。

 

そして、彼からのプロポーズから5年後、今度は私から「結婚してくれますか?」と彼にプロポーズし、彼は待っていたと言わんばかりの笑顔で「はい」と答えてくれました。

 

 

もし1度目のプロポーズのときに、中途半端な気持ちでついていっていたら、結婚生活はうまくいかなかったかもしれません。そう考えると、私の選択は間違いではなかったのかなと思います。5年も待ってくれた彼には感謝の気持ちを忘れず、これからもお互いを尊重しあえる夫婦でいたいと思います。

 

著者/斉藤ひかり
イラスト/マメ美

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    暮らしの新着記事

  • PICKUP