「おしりの穴が…」生理前に起こっていた謎の症状。衝撃の事実が判明!

初潮を迎えたのは小学生のとき。以来20数年、生理というものと長くお付き合いをしてきました。私の場合、学生時代から今に至るまで、生理時の症状がそのときによって異なります。大学生のときには、ある不思議な症状にも見舞われて……。

「おしりの穴が…」生理前に起こる謎の症状。出産直前にも同じ症状に襲われ、衝撃の事実が判明!

 

続きを読む

生理痛があまりなかった学生時代

小学生のころに初潮を迎えた私。当時、「生理には生理痛というものがあって、そのときは不調になるので気をつけるように」と習い、私のなかでは「生理=不調」というイメージができあがっていました。

 

でも実際に生理がきてみると、想像していた不調はなく、たまに、ちょっと我慢しないといけない痛みがある程度。カイロでおなかや腰を温めれば症状が改善したので、小中学時代は痛みのない生理期間が過ごせました。

 

生理痛が少しだけつらいと感じたのは、高校生になってから。私の場合、体が冷えたり日常生活でストレスが溜まったりすると、生理痛が起きやすいようです。高校時代は制服がミニスカートで、雪の日でも自転車で通学。そのせいか、体が冷えるとおなかの調子が悪くなり、それと合わせて生理痛も重くなっていました。それでも、おなかを温めれば痛みはラクになりました。

 

大学生のころは自分の好きなように時間を使い、自由に過ごせていたのでストレスフリー。高校生のころのように寒くてもミニスカートをはくようなこともなく、体が冷えないように対策できていたので、生理痛はほとんどありませんでした!

 

社会人になるとさまざまな症状が

社会人になると、ストレスからか再び生理痛が。しかも、症状は毎月パターン化したものでなくバラバラ。冷えておなかが痛くなったり、おなかがゆるくなったり。生理前から痛みを感じるときや、腰が重いようなときも。かなり痛くなることもあれば、ウソのように何の症状も現れないときもありました!

 

多かったのが、生理前におしりの穴がキュッとなる感覚。トイレに行くと、肛門がキュッと締まることがほとんどで、出したいのに中へ押されるような感じ……。そんな状態だから、なかなかトイレから出ることができません。ただそこまで痛いわけではないので、「おしりキュッ」の正体がなんなのか、あまり気にせず暮らしてきました。

 

しかし、その後の出産がきっかけで、「おしりキュッ」の正体が生理痛だったのかもと気づいたのです!

 

もしやあれは生理痛だった!?

というのも、病院の医師からは、「陣痛ではおなかが痛くなる」と聞いていたのですが、私の場合、陣痛の始まりは「おしりがキュッとなる感覚」だったのです。

 

おしりの穴がキュッとなって痛くなったとき「なんだかおしりに違和感があるなあ……」くらいにしか思わなかったのですが、やがてそれが陣痛に……! あやうく赤ちゃんがもうすぐ生まれるサインを見逃すところでした。

 

ただ、「陣痛の始まりは生理痛の感覚と似ている」とも聞いていたので、陣痛がきっかけで過去の生理を振り返り、「おしりがキュッとなるのは生理痛だったのかもしれない」と気づくことができました。

 

 

出産をきっかけに、過去に感じていた症状が生理痛だったのかもしれないと気づいた私。これからは日ごろから自分の体と向き合い、ささいな不調であっても生理時の症状を把握することが大切だと思いました。

 

監修/助産師REIKO
文/ゴトーまゆさん

 

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    暮らしの新着記事

  • PICKUP