食・レシピ 食べていいものダメなもの

【今日はナッツの日】子どもには3歳ごろまで与えない!砕いたものも注意

47
消費者庁では3歳ごろまでの子どもにナッツ類を与えないように注意喚起しています。ナッツはそのまま食べると窒息の原因となるからです。また、今年に入ってからはとくに、砕いたナッツや豆類の注意もしています。砕いたものであっても気管支などに入ると炎症を起こし、入院や手術が必要になるケースが報告されています。

 

今日は赤ちゃんに食べさせてはいけない食品についてお伝えします。消費者庁では、3歳ごろまでの子どもにナッツ類を与えないように注意しています。

 

とくに、砕いたような小さな破片でも事故が起きたケースがあるようなので、ママやパパたちは知っておいてくださいね。

 

続きを読む

どうして3歳まではダメなの?

乳幼児は上手に食べ物を飲み込む能力が十分に発達していないため、大人にとっては危なくない食品でも窒息事故が起こることがあります。とくに、ピーナッツなどのナッツ類はその大きさや硬さから、かまなくても気道に入ってしまうため窒息事故になりやすいです。

 

食品安全委員会の調査では、乳幼児の気管・気管支に異物が入り込んだ症例799件のうち、585件は異物が豆類・種実類であったこと、またそのほとんどがピーナッツであったことが分かっています。3歳まではナッツ類は与えないようにしましょう。

 

 

砕いたものでも注意が必要

では、細かくしたナッツなら大丈夫かというと、それでも注意が必要なことがわかっています。小さなかけらでも気道の奥にある気管支に入り込んだ場合は、気管支に炎症が起き、肺炎を発症してしまいます。

 

乳幼児の気管支に入ったピーナッツを取り除くことはとても難しく、全身麻酔をかけて気管支鏡を使って除去するか、肺の一部を切除するしかありません。 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

食・レシピの人気記事ランキング

みんなが見ている人気の記事をチェック!

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。