3回食はいつから始める?量や硬さは?

146

 

1日1回から始まった離乳食が2回になり、最終段階では大人と同じく3回になります。その3回食に進むタイミングはどうやって決めればいいのか、迷っている方も多いのではないでしょうか?3回食はいつから始めるべきなのか?3回食における1回分の離乳食の量や、与える時間帯、硬さや大きさなど詳しくご紹介します。

 

 

3回食はいつから始めるべき?

初めは母乳や育児用ミルクだけで育っていた赤ちゃんも、徐々に足りなくなってくる栄養を補うため、そして食べる練習をするために、離乳食が始まります。

生後5,6か月ごろから1回食が始まり、1回食を始めて2か月後くらいの生後7,8か月から、2回食へとなり、そして、2回食からさらに2か月後くらいの生後9,10か月が、一般的な離乳食後期、いわゆる3回食へと進む時期だと言われています。

 

とはいえ、これはあくまでも目安。赤ちゃんの成長には個人差がありますので、離乳食の進み方もそれぞれ違って当然です。3回食を始める前に、次の4点を確認してみてください。

 

1.離乳食中期をおおよそ2カ月過ぎた。

2.中期の時期におかゆを50~80gほど食べられるようになった。※食べムラが出てくる時期なので、量はあくまで目安です。

3.豆腐ぐらいの固さのものをモグモグと食べられるようになった。

4.少し繊維が多めの野菜や鶏のささみなども食べられるようになった。

 

以上、4点がクリアできていないようだったら、生後10か月を過ぎていても、無理に3回食に進む必要はありません。赤ちゃんの成長を見守りながら、その子に合ったタイミングで3回食に進みましょう。

 

 

 

3回食の量はどのくらい?硬さや大きさは?

3回食における1回の食事の量ですが、目安としては総量が子供茶碗1杯分くらい。

厚生労働省が発表している3回食の初期の目安としては、

 

〇主食+副菜

穀類:80~90g + 野菜・果物:30~40g

 

〇上記に追加一品(※下記のいずれか)

・肉や魚なら15g、豆腐なら45g、卵なら半分、乳製品なら80g

 

が1回分となっています。

あくまでも目安であって、この通りに与えなくてはいけないということではありません。アレルギーなどにも気を付けて、赤ちゃんの様子を見ながら与えましょう。

 

離乳食の硬さや大きさですが、硬さはバナナくらいが目安で、歯茎でつぶせる程度。

大きさは5mm~8mm程度がいいでしょう。手づかみで食べることができるものは、スティック状にしても構いません。

ごはんは5倍粥くらいから始め、徐々に水分量を減らしていってください。

 

3回食になったからといって、必要な栄養分をすべて離乳食で補うことはまだできません。母乳や育児用ミルクも与えてください。

割合としては離乳食が60~70%、母乳や育児用ミルクが30~40%くらいです。離乳食後と、それ以外に2回ほど与えます。

赤ちゃんによって、離乳食を食べる量は異なるので、母乳や育児用ミルクの量も個人差があります。大事なことは、赤ちゃんが成長しているかどうかです。あまり神経質になりすぎないようにしてくださいね。

 

 

 

3回食は何時にあげるべき?

3回食というと、大人と同じタイミングで食事ができると思うかもしれませんが、3回食の食事と食事の間は、3,4時間ほど空けるのがベストです。

大人の食事時間と合わせると、間隔が空きすぎてしまうと思いますので、できれば

 

・起床後 :母乳もしくは育児用ミルク

・午前10時頃 :1回目

・午後2時頃 :2回目

・午後6時頃 :3回目

・寝る前 :母乳もしくは育児用ミルク

 

というタイミングがいいかと思います。

 

離乳食だけでは足りないという場合は、離乳食が食べ終わった後に、母乳や育児用ミルクを与えても構いません。大人と一緒に食事をするという楽しみも大事なことですが、無理にタイミングを合わせようとして、赤ちゃんの生活のリズムを崩すようなことがないように気を付けてください。

 

生後12か月から18か月くらいの離乳食完了期になれば、途中におやつを取り入れ、大人と同じような時間で食事をしても構いません。とはいえ、その際も夕食は遅くとも19時くらいまでには済ませるようにしましょう。

 

 

 

3回食は大変!?楽しく乗り切るコツ

3回食の頃になると、赤ちゃんが食べることができる食材も増えてくるので、料理にバリエーションも出てきます。とはいえ、赤ちゃんのお世話をしながら、3回手作りの離乳食を与えるのは大変です。

赤ちゃんが寝ている間や、パパに遊んでもらっているときなどに、まとめて作って、小分けにして冷凍しておくといいでしょう。

 

味付けのための調味料はあまり使わず、できるだけ素材の味や出汁の味を楽しめるようにしてあげてくださいね。また、離乳食作りがストレスになるようであれば、市販のベビーフードを活用して構いません。ママも赤ちゃんも、楽しく食事ができることが一番大切です。

 

手間をかけて作った離乳食を食べてもらえなかったら、落ち込んだりイライラしたりしがちですが、赤ちゃんにも気分があります。そんな時はママも気分を切り替えて、「でも元気に育っているから大丈夫!」と離乳食のことはいったん忘れてしまいましょう。

 

 

まとめ

離乳食の3回食は、生後9か月ごろから始めるのが基本ですが、あくまでも目安です。赤ちゃんの成長具合は一人一人違うということを忘れず、時期や食べる量などにとらわれすぎないようにしましょう。

 

なかなか離乳食が進まないなど悩みがあるときは、助産婦や保健師、小児科の先生など専門家に相談してみてください。

3回食は、赤ちゃんにとって食事の楽しさを知るためのステップでもあります。楽しい離乳食体験になりますように!

 

 

 

 

【関連記事】

【赤ちゃんの食育】手づかみ食べで赤ちゃんが学ぶ3つのこと

大変すぎてやめてしまった!手づかみ食べってさせたほうがいいの?

赤ちゃんが葉物の野菜を食べてくれない!対処法とレシピ

離乳食のとき手でグチャグチャして大変!どうすればいい?

先輩ママおすすめ!離乳食後期に便利な100均アイテム3選

離乳食後期に進んでもOK?目安とポイントをおさらい

【離乳食レシピ動画】キャヘ゛ツの豆腐こ゛ま和え for.離乳食後期

【離乳食レシピ動画】麩の卵とじ for.離乳食後期

【離乳食レシピ動画】鮭とかぶのみそ仕立て for.離乳食後期

9カ月~11カ月ごろの赤ちゃんの食べ方

9カ月~11カ月ごろの進め方のヒント

9カ月~11カ月ごろの1回の目安量

9カ月~11カ月ごろのタイムスケジュール例

9カ月~11カ月ごろの栄養バランスと献立の立て方

9カ月~11カ月ごろの離乳食の不安Q&A

 

 

◆生後9~10か月に関するQ&A

 

 

◆離乳食の体験談

助産師さんから『アレルギーが怖いのであまり早く始めず5ヶ月過ぎて6ヶ月ぐらいから始めるといい』と聞いていたので、よだれも多いし食べ物に興味がでてきた5ヶ月と12日から10倍がゆを始めました。2週目からにんじんやじゃがいも、ほうれん草などを1さじからはじめて3週目には豆腐や、白身魚をはじめました。わりと好き嫌いなく食べてくれました。スプーンにも慣れ離乳食はじめて1ヶ月たった頃から2回食にしました。最近はベビーフードなどにも頼りいろんなものを食べさせてます。今のところアレルギーないようで安心してます。

たいがママ さん

うちはアレルギー家系で、花粉症や食べ物アレルギー、薬アレルギーなど様々あるので、離乳食開始は七ヶ月ごろまで粘りました。下の子は、上の子が食べているのをみるとすごく羨ましそうな顔をするので、上の子よりは早めでしたが、聞いた話によると実は下の子になるにつれアレルギー危険度は増していくらしいですね。 三歳になると腸壁がしっかりしてくるので、生ものや家族にアレルギーのある食べ物については三歳までは控えていました。離乳食の食欲については、うちは上の子の時はお気に入りのぬいぐるみを隣において競争させるように食欲を煽っていましたが、下の子は上の子がいい競争相手になって、モリモリ食べてくれています。むしろ、早食い、大食いにならないように気をつけなければ!

ぽぽ さん

離乳食は1回食からはじまり、少しずつ色々な食材を食べさせていきました。最初は10倍がゆから始めました。1週間慣れたところで、野菜を少しずつ始めていき、果物も食べさせていきました。食べてくれるととても嬉しいもので明日は何を作ろうかなと考えるのが楽しかったです。だんだん食べる量も増えていきました。口周りや洋服が汚れてしまうので、その後始末がいつも大変でした。

そばかす さん

料理があまり得意でない私は、離乳食が始まって、手作りの1回食、2回食・・・のあたりでもう限界。3回食になった時点で、3回のうち1回は市販のベビーフードを使おう!と決めたとたん、フッと気持ちが楽になりました。その1食の中で、自分では作りにくい食材(レバーなど)も取れるし、品目も多く取れるので、気分的にもとても助かりました。手を抜いて、その分、ゆっくりと子どもと向き合う時間が取れたと思います。

あっちママ さん

 

その他の離乳食の体験談

 

◆助産師に相談しよう!(無料)

ベビーカレンダーでは助産師に相談ができます。知りたいことは助産師に質問してみましょう。会員登録は不要です。

監修者・著者

助産師 REIKO


医療短期大学専攻科(助産学専攻)卒業後、大学附属病院NICU・産婦人科病棟勤務。 大学附属病院で助産師をしながら、私立大学大学院医療看護学研究科修士課程修了。その後、私立大学看護学部母性看護学助教を経て、現在ベビーカレンダーで医療系の記事執筆・監修に携わる。


2018/11/02


この記事にいいね!しよう

いいね!
146

現在ログインしていません。

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。