9〜11カ月ごろの進め方のヒント

離乳食も1日2回から3回に増え、赤ちゃんもだいぶ慣れてきた時期。自分でつかんだり、かむ練習をはじめたりと食べることへの関心がでてきます。1日に必要な栄養素などの半分以上を離乳食からとるようになる時期だけに、栄養バランスも意識したいものです。

前歯でかじりとり歯ぐきでかむ練習や、手づかみ食べを意識して進めていきましょう。

硬さ

バナナ程度の硬さが目安。歯ぐきでかむ練習をします

前歯で食材をかじりとることで、咀しゃくのスイッチが入ります。そこで少し大きめのものを前歯でかじりとり奥歯や歯ぐきでつぶす体験をたくさんさせるようにしましょう。硬くて小さいものは飲み込みやすいので、丸飲みの習慣がつかないように注意しましょう。

回数

1日3回、栄養のバランスがとれた食事を心がけます

離乳食が1日2回から3回になります。必要な栄養素の半分以上を離乳食からとるようになるので、栄養バランスのよい食事を心がけましょう。ただし、難しく考える必要はありません。炭水化物、ビタミン・ミネラル、たんぱく質の3つのグループから、食材を選んで組み合わせれば、バランスのいい献立が作れます。

食材

手づかみ食べがしやすい工夫を取り入れて

主食をおにぎりやおやきやパンケーキなど手でつかめるものにすると、赤ちゃんの食への欲求や興味がさらに増すかもしれません。野菜をゆでてスティック状にしたものもおすすめです。前歯でひと口分をかじりとる練習がとれるよう工夫してあげましょう。

注意

手づかみ食べや遊び食べは食べこぼし対策を

大人がゆったりした気持ちで食事を与えることも大切。イスの下に新聞紙やビニールシートを敷いたり、食事をひっくり返されないよう取り皿に少量ずつのせていったりなど、汚れや食べこぼし対策をすることもおすすめです。

※進め方や食材の量は目安として参考にしてください。赤ちゃんの食欲や発育・発達には個人差があるので、ようすを見ながら進めていきましょう。

 

ベビーカレンダー編集部

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

今すぐ使ってみよう

助産師に相談

ウェブ上で、直接助産師に相談ができるコーナーです。妊娠中や育児のお悩みや疑問を、助産師に、いつでも無料で相談できます!病院で聞くことができなかった疑問などに、経験豊富な助産師が丁寧にお答えします。


基礎知識

妊娠・出産・育児で知っておきたい情報を、記事としてまとめています。全ての記事は専門医の監修付きです。産婦人科医、小児科医はもちろん、アレルギー専門医まで。注意すべきことを的確にお伝えします。


Q&A

妊娠中の心配事や、出産や産後のママの体、生まれてきた赤ちゃんの悩みなどに、専門家がお答えするコーナーです。さまざまな質問と回答を掲載していますので、ご自身の状況が当てはまるケースを検索し、参考にしていただくことができます。