厚生労働省の新しいガイドラインにいち早く対応

「あんしん、やさしい 最新 離乳食オールガイド」書影

あんしん、やさしい
最新 離乳食オールガイド

著者:株式会社ベビーカレンダー 監修者:堤ちはる
出版社:新星出版社 ISBNコード:978-4-405-04589-7
価格:1300円+税 発売日:2019年6月28日

アプリアイコンアプリでベビカレをもっと身近に

離乳食作りに役立つ調理器具と食事グッズ

毎日の離乳食、いろいろと工夫をしたいものです。便利なグッズを使って、少しでも負担を減らしましょう。

離乳食作りに活躍!便利な調理器具

少量の調理に向いた調理器具があると、離乳食作りが簡単になります。

小鍋・小さめのフライパン

少量の調理をするときは、小さめの鍋がおすすめ。ふたも用意します。9~11カ月以降になると炒めたりするのにフライパンを使いますが、こちらも小さめサイズがよいでしょう。


すり鉢・すりこ木

おかゆ、うどん、野菜、いも類、白身 魚、豆腐などをすりつぶせます。少量をすりつぶすには、小さめのタイプがおすすめ。


裏ごし器

野菜の皮や種、粒などを取りのぞいて裏ごしできます。茶こしで代用も。


すりおろし器

食材をすりおろすときに使います。おろしの目が粗いものも細かいものもあるので、時期や用途に合わせて選びます。


茶こし

少量の食材のゆで、湯切り、湯通し、塩抜きなどには茶こしが便利。鍋にセットできるタイプならば、大人用の料理と一緒に加熱ができます。味噌こし器などでも代用可。


マッシャー

やわらかくゆでた食材をつぶします。フォークでも代用できますが、多めの分量をつぶすときに便利です。


スケール、計量カップ、計量スプーン

材料をはかるために必要。1g単位からはかれるものが、おすすめです。計量カップは1カップ(200ml)、計量スプーンは大さじ1(15ml)、小さじ1(5ml)を用意しておきます。

これもあると便利!

離乳食調理セット

離乳食を作るときに使うおろし器、裏ごし器、すり鉢などがセットになった商品もあります。少量の調理におすすめです。


ミニゴムベラ

調理器具に残った食材などをきれいにすくえます。しなりがある小さめのものが便利です。


ヌードルカッター

うどんやそうめん、スパゲッティなどを刻むときに使います。


包丁、まな板、キッチンばさみ

小さめの包丁、まな板があると便利です。葉物野菜の葉先を刻むとき、めん類を切るときなどは、キッチンばさみがおすすめです。

赤ちゃんの食事グッズ

赤ちゃんには赤ちゃん用の食事グッズがあると食べやすくなります。

スプーン・フォーク

5~6カ月のときは、ゴックンしやすい小さめの平らなスプーンを使いましょう。9~11カ月ごろになったら、くぼみのあるものに。自分で持つようになったら、持ちやすいものを選びます。フォークは自分で持つようになったころに。


食器

安定感があり、すくいやすい深さになっている赤ちゃん用の食器がおすすめ。ワンプレート型や一品用など、種類・大きさはさまざま。電子レンジで加熱ができるものも。


スタイ& 食事エプロン

汚れを防止するためのスタイ。食べこぼしをキャッチできるポケット付き、袖までカバーできるもの、洗いやすい樹脂製のものなどがあります。大判のタオルや普通のスタイを使っても◎。

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

今すぐ使ってみよう

助産師に相談

ウェブ上で、直接助産師に相談ができるコーナーです。妊娠中や育児のお悩みや疑問を、助産師に、いつでも無料で相談できます!病院で聞くことができなかった疑問などに、経験豊富な助産師が丁寧にお答えします。


基礎知識

妊娠・出産・育児で知っておきたい情報を、記事としてまとめています。全ての記事は専門医の監修付きです。産婦人科医、小児科医はもちろん、アレルギー専門医まで。注意すべきことを的確にお伝えします。


Q&A

妊娠中の心配事や、出産や産後のママの体、生まれてきた赤ちゃんの悩みなどに、専門家がお答えするコーナーです。さまざまな質問と回答を掲載していますので、ご自身の状況が当てはまるケースを検索し、参考にしていただくことができます。