厚生労働省の新しいガイドラインにいち早く対応

「あんしん、やさしい 最新 離乳食オールガイド」書影

あんしん、やさしい
最新 離乳食オールガイド

著者:株式会社ベビーカレンダー 監修者:堤ちはる
出版社:新星出版社 ISBNコード:978-4-405-04589-7
価格:1300円+税 発売日:2019年6月28日

アプリアイコンアプリでベビカレをもっと身近に

5~6カ月ごろ(離乳食初期)の進め方

開始してOKのサイン

  • 5~6カ月になった(早産児の場合は修正月齢で)

  • 首がすわり、支えがあれば座れる

  • 大人が食事をしていると、声を出す、よだれを出す、口をもぐもぐと動かすなどして興味をもっている

  • スプーンなどを口に入れたとき、舌で押し出すことが少なくなった

5~6カ月ごろの進め方のポイント

目標

スプーンに慣れさせて、ゴックンできるようになること

この時期の赤ちゃんの口は、舌を前後に動かし、舌の上にのった食べ物を奥に押し込んでごっくんと飲み込みます。つぶしたり、かむことはできないので、裏ごしを丁寧にしてとろとろにし、飲み込みやすくします。

与え方

10倍がゆをとろとろにすりつぶしたものからスタート

初めての食材は1種類ずつ、赤ちゃん用のスプーン1さじから。2~3日は同じ食材をあげて慣れさせます。3~4日かけて小さじ3ぐらい、1カ月で小さじ10程度まで、少しずつ量を増やしていきます。

硬さ

はじめは液体に近いポタージュ状
慣れてきたら水分を減らしてヨーグルト状に

はじめは、ざらざら感があると、むせたりのどに詰まらせたりしてしまうため、なめらかにすりつぶして液体に近いポタージュ状にします。離乳食をはじめて1カ月くらいたって慣れてきたら、少し水分を減らしてヨーグルト状の硬さにします。嫌がったり食べたがらなかったりしたら、少し前の状態に戻したりしながら慣れさせていきます。

5~6カ月ごろのスケジュール例

1日1回からスタートした離乳食を2回食に増やすタイミング、食事の時間帯など、スケジュール例をご紹介します。

はじめたころ

午前中の授乳前に離乳食を与えます。母乳やミルクでおなかがいっぱいになり、離乳食を食べなくなってしまわないよう、授乳前に離乳食をあげます。

  • 6:00 母乳・ミルク
  • 10:00 離乳食 母乳・ミルク
  • 14:00 母乳・ミルク
  • 18:00 母乳・ミルク
  • 22:00 母乳・ミルク

2回食になったら

おかゆや野菜、豆腐や白身魚などを食べられるようになってきたら、2回食へと進みます。2回目は授乳から4時間以上あけると、空腹感があるのでスムーズに食べることが多いです。

  • 6:00 母乳・ミルク
  • 10:00 離乳食 母乳・ミルク
  • 14:00 離乳食 母乳・ミルク
  • 18:00 母乳・ミルク
  • 22:00 母乳・ミルク

5~6カ月ごろの献立のポイント

さまざまな食の体験を

この時期は離乳食を飲み込むこと、その舌触りや味に慣れることが主な目的。栄養面はあまり気にせず、いろいろな食材を体験させて食の幅を広げてあげましょう。

\このころの赤ちゃんのお口の動かし方/

赤ちゃんのお口の発達と離乳食の進め方(5~6カ月ごろ)

主食・主菜・副菜別、調理のコツ

5~6カ月ごろに適した調理のコツをご紹介します。

主食(炭水化物)

最初はポタージュ状
後半はヨーグルト状に

最初は、10倍がゆをすりつぶし、とろとろのポタージュ状に。後半になったら、少し水分を減らして、つぶ感が残る程度にします。


主菜(たんぱく質)

すりつぶして、とろとろに
とろみをつけて飲み込みやすく

豆腐はすりつぶしてとろとろに。白身魚はすりつぶし、とろみをつけて飲み込みやすく。卵黄はかたゆでしたものをすりつぶし、とろみをつけて、水分でのばして。


副菜(ビタミン・ミネラル)

最初はすりつぶしてとろとろに
後半は水分を少し減らします

最初は、すりつぶして、裏ごしをしてなめらかにします。ゆで汁、だし汁などでのばして。1カ月ほど経ったら少し水分を減らし、ヨーグルト状になるように。

7~8カ月ごろの離乳食の進め方

開始1カ月目~のレシピ

もっと見る

開始2カ月目~のレシピ

もっと見る

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

今すぐ使ってみよう

助産師に相談

ウェブ上で、直接助産師に相談ができるコーナーです。妊娠中や育児のお悩みや疑問を、助産師に、いつでも無料で相談できます!病院で聞くことができなかった疑問などに、経験豊富な助産師が丁寧にお答えします。


基礎知識

妊娠・出産・育児で知っておきたい情報を、記事としてまとめています。全ての記事は専門医の監修付きです。産婦人科医、小児科医はもちろん、アレルギー専門医まで。注意すべきことを的確にお伝えします。


Q&A

妊娠中の心配事や、出産や産後のママの体、生まれてきた赤ちゃんの悩みなどに、専門家がお答えするコーナーです。さまざまな質問と回答を掲載していますので、ご自身の状況が当てはまるケースを検索し、参考にしていただくことができます。