【離乳食初期】野菜だし・野菜スープ(ベジブロス)

【離乳食初期】野菜だし・野菜スープ(ベジブロス)

13

材料(1回分)

にんじん 50g
玉ねぎ 50g
キャベツ 50g
300cc
無農薬野菜ならにんじん、たまねぎは皮も、キャベツは表葉や芯も使えます。
 

作り方

  1. 野菜は1cm角に切る。
  2. 水を入れた鍋に切った野菜を入れて中火にかける。
  3. 沸騰したらあくを取りながら、弱火で15分煮込む。
  4. 茶こしやざるでこし、だし汁をとる。
  5. だし汁が冷めたら製氷皿に入れて、冷凍保存も可能です。
やわらかくなった野菜はすりつぶしたり、刻んで離乳食の具材にも使えます。

岡安香織(NPO法人母子栄養懇話会)さんのコメント

色々なところで出てくる野菜だし・野菜スープの基本。

NPO法人母子栄養懇話会

ご利用になる前に

  • 赤ちゃんの食欲や発育・発達には個人差があります。月齢や進め方は目安です。赤ちゃんのようすをみながら離乳食をすすめてください。
  • 食物アレルギーのない赤ちゃんを対象にしています。アレルギーのリスクが疑われる場合や診断されている場合は、医師の指導にしたがってください。

開始1カ月目〜カテゴリの新着レシピ

赤ちゃんにとって初めての食事は、液体に近いトロトロの状態から始めます。米のおかゆに慣れてきたら、にんじん、じゃがいも、かぼちゃ、キャベツなど、くせの少ない野菜やいも類を試していきましょう。皮膚に湿疹が出ていないか、うんちに異常がないか様子を見ながら徐々に量を増やしていきます。

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

今すぐ使ってみよう

助産師に相談

ウェブ上で、直接助産師に相談ができるコーナーです。妊娠中や育児のお悩みや疑問を、助産師に、いつでも無料で相談できます!病院で聞くことができなかった疑問などに、経験豊富な助産師が丁寧にお答えします。


基礎知識

妊娠・出産・育児で知っておきたい情報を、記事としてまとめています。全ての記事は専門医の監修付きです。産婦人科医、小児科医はもちろん、アレルギー専門医まで。注意すべきことを的確にお伝えします。


Q&A

妊娠中の心配事や、出産や産後のママの体、生まれてきた赤ちゃんの悩みなどに、専門家がお答えするコーナーです。さまざまな質問と回答を掲載していますので、ご自身の状況が当てはまるケースを検索し、参考にしていただくことができます。