離乳食後期(9〜11カ月ごろ)の食べていいものダメなもの

食材は歯茎でつぶせる固さにし、食材は5mm角程度に刻む。手づかみ食べができるようになったら、食材によっては1cm角のスティック状にしても可。果物とトマト・きゅうり以外は加熱しましょう。

米・パン類

5倍がゆ〜軟飯。
食パン
パンの耳はかたいので取り除いて。小麦は食物アレルギー7品目食品。
菓子パン
×
もち
×
のどに詰まる事故のおそれもあるため、3才以降から。
玄米
×
もち米
×
米粉
ロールパン
バゲット・フランスパン
中の白い部分であれば、食べられます。
クロワッサン
×

めん類

うどん
塩分を含むのでゆでた後、よく水にさらす。小麦は食物アレルギー7品目食品。
そうめん
塩分を含むのでゆでたあとよく水にさらし塩をぬく。小麦は食物アレルギー7品目食品。
マカロニ
歯ぐきでつぶせるくらいやわらかくゆでる。小麦は食物アレルギー7品目食品。
ビーフン
歯ぐきでつぶせるくらいやわらかくゆでる。
そば
×
アレルギーの心配があり、アナフィラキシーショックを起こすこともあるので、離乳食期は食べさせません。
中華めん
×
スパゲッティ
弾力があるため、やわらかくゆでて、小さく刻みます。小麦はアレルギー7品目。

そのほかの穀類

コーンフレーク
無糖のものを柔らかく煮る。
オートミール
柔らかく煮る。
小麦粉
小麦は食物アレルギー7品目食品。

大豆・大豆製品・豆類

豆腐
加熱して食べさせる。大豆はアレルギー20品目食品。
きな粉
風味づけ程度に。大豆はアレルギー20品目食品。
納豆
ひきわり、または細かくきざむ。大豆は食物アレルギー20品目食品。
高野豆腐
大豆は食物アレルギー20品目食品。
油揚げ
熱湯をかけ、油をよく落とし少量にする。大豆は食物アレルギー20品目食品。
大豆
誤飲のもとになるので、かならずやわらかく煮たものをつぶす、またはきざんでから食べさせます。大豆は食物アレルギー20品目。
豆乳
加熱する。
枝豆
×
湯葉
×
そら豆
皮をむいてきざむ。
おから
×

卵黄
しっかり火を通すこと。食物アレルギー7品目なので、最初に食べさせるときは慎重に。
卵白
卵黄に慣れたら、加熱して少量ずつ与えます。

白身魚

たい
ひらめ
かれい
たら
まれに食物アレルギーを引き起こす。塩だらではなく生たらを使う。
さけ
塩さけではなく、生さけを使います。食物アレルギー20品目食品。
めかじき
×
ぶり
×
さわら
×

赤身魚

まぐろ
かつお

青背魚

あじ
小骨を十分に取り除いて、身をほぐして与えます。
さば
食物アレルギー20品目食品のため、初めて食べさせるときは慎重に。
さんま
いわし
×

そのほかの魚介類

かき
×
アレルギーの心配があり、アナフィラキシーショックを起こすこともあるので、離乳食期は食べさせません。
ほたて
×
アレルギーの心配があり、離乳食期は食べさせません。
えび
×
アレルギーの心配があり、アナフィラキシーショックを起こすこともあるので、離乳食期は食べさせません。
かに
×
アレルギーの心配があり、アナフィラキシーショックを起こすこともあるので、離乳食期は食べさせません。
あさり
×
アレルギーの心配があり、離乳食期は食べさせません。
いか
×
かたくて噛み切りにくいので、2才ごろからが安心です。
たこ
×
かたくて噛み切りにくいので、2才ごろからが安心です。
刺身
×
食中毒になることもあるので離乳食期は食べさせません。
たらこ
×
イクラ
×
塩分が多く、生で食べるのであれば3歳ごろからが安心です。
桜えび
×

魚加工品

しらす干し
茶こしなどに入れ、湯をかけて塩抜きすること。
ツナ缶
水煮またはスープ煮のものを熱湯をかけて塩抜きしてから使用します。
さけフレーク
塩分が多いので少量。添加物がないものを選んで。
はんぺん
×
かまぼこ
×
ちくわ
×
さつま揚げ
×
ししゃも
×
あじの開き
×
魚肉ソーセージ
×
するめ
×
塩分が多くかたいので、離乳食期には不向き。

乳製品

プレーンヨーグルト
乳は食物アレルギー7品目食品。
加糖ヨーグルト
糖分が多いものは少量にしましょう。
カッテージチーズ
乳は食物アレルギー7品目食品。
牛乳
しっかり加熱すること。乳は食物アレルギー7品目食品のため、初めて食べさせるときは、他の食品以上に慎重に。
バター
少量の使用で。
プロセスチーズ
×
クリームチーズ
×
溶けるチーズ
×
粉チーズ
×

肉類

鶏ささ身
鶏レバー
豚レバー
鶏むね肉
ささ身よりも脂肪分が多いので、ささみに慣れてから皮を除いて使用します。
牛赤身肉
もも肉やヒレ肉などの脂肪分の少ない部位。とり肉に慣れてきたら少量ずつ。
豚赤身肉
牛豚合いびき肉
×
鶏ひき肉
豚ヒレ肉
×
牛ひき肉
牛もも肉
×
豚ばら肉
×
鶏もも肉
×
豚ひき肉
脂肪分が多いのでなるべく赤身部分を選ぶ。湯通しまたは茹でて脂を落とすなど工夫を。
牛切り落とし肉
×

肉加工品

ベーコン
×
ソーセージ
×
ハム
×
コンビーフ
×
塩分、脂肪分、添加物が多いので、離乳食期は食べさせません。

野菜類

ほうれん草
きゅうり
手づかみ食べができるようになったらスティック状にしても。
大根
にんじん
なす
ブロッコリー
花蕾(からい)だけゆでて柔らかくする。
ピーマン
レタス
窒息しないように、細かく刻む。スープ煮にすると食べやすい。
オクラ
もやし
ひげ根を取る。
れんこん
柔らかくなりづらい食材。すりおろすなど工夫して。
たけのこ
×
セロリ
×
ごぼう
アクを取ってから、やわらかく煮て。
青じそ
風味づけ程度に使います。
にんにく
風味づけ程度に少量使います。
しょうが
風味づけ程度に少量使います。
じゃがいも
かぼちゃ
キャベツ
かぶ
白菜
小松菜
玉ねぎ
さつまいも
トマト
湯むきする。
ミニトマト
湯むきして、きざむ。
カリフラワー
花蕾(からい)だけゆでてこまかく刻む。
とうもろこし
つぶす、または刻む。
里芋
さやいんげん
グリーンピース
やわらかくゆでて薄皮をむき、かならず細かく刻んで。
アスパラガス
ズッキーニ
皮をむいて中央の種をとり、細かく刻んで、加熱して使う。
かぶの葉
山芋
パセリ
ハーブ
切り干し大根
冷凍ミックスベジタブル
皮をとり、必ず細かく刻むかつぶして。
冷凍グリーンピース
皮をとり、必ず細かく刻むかつぶして。
青梗菜
青ネギ
×
にら
アボカド
油分が多いので、少量を。
春菊

果物類

りんご
食物アレルギー20品目食品。
いちご
食物アレルギー20品目食品。
みかん
中袋は必ず取り除いて。
メロン
キウイフルーツ
アレルギー20品目食品なので、はじめてあげるときは慎重に。
パパイア
×
アレルギーの心配があるので食べさせません。
マンゴー
×
アレルギーの心配があるので食べさせません。
すいか
なし
バナナ
食物アレルギー20品目食品。
ぶどう
皮と種を取り除き、のどにつまらないよう細かく刻んで。
レモン

きのこ・海藻類

きのこ類
噛み切りづらいので、食べさせるときには細かく刻む。
わかめ
ひじき
寒天
やわらかめにかためて、食べやすくきざむ。
青のり
めかぶ
焼きのり
細かくちぎるか、とろとろににる。窒息する危険があるので、そのままでは食べさせないほうがよい。
味つけのり
×
エリンギ
×
繊維質が多く、弾力があるため、離乳食期は食べさせません。

そのほかの食品

ジャム
添加物や砂糖の少ないものを少量のみ。
プリン
×
ゼラチン
やわらかく仕上がるよう、分量を調節する。
はちみつ
×
ボツリヌス菌の心配もあるので、1才過ぎから。
黒糖
×
1才過ぎるまで食べさせないで。
クリームコーン缶
ごま
食物アレルギー20品目食品。
ホットケーキミックス
ベーキングパウダー
かたくり粉
みりん
アルコールが入っているので、基本はNG。使用した場合は、アルコール分がしっかりとぶよう、加熱して。
ナッツ類
×
ココアパウダー
×
ドライフルーツ
湯でもどして柔らかくし、きざむ。

調味料

少量を使用する程度。
しょうゆ
少量を使用する程度。食物アレルギー20品目食品の大豆や小麦が含まれている。
砂糖
少量を使用する程度。
みそ
食物アレルギー20品目食品の大豆からできている。塩分も多いので、少量にとどめて。
マヨネーズ
ごく少量の使用で。
ケチャップ
ごく少量の使用で。
サラダ油
少量の使用で。
マーガリン
ごく少量を使って焼いたり、炒めたりできます。
料理酒
アルコールが入っているので、基本はNG。使用した場合は、アルコール分がしっかりとぶよう、加熱して。
カレー粉
×
めんつゆ
×
中濃ソース
×
ごま油
オリーブオイル

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

今すぐ使ってみよう

助産師に相談

ウェブ上で、直接助産師に相談ができるコーナーです。妊娠中や育児のお悩みや疑問を、助産師に、いつでも無料で相談できます!病院で聞くことができなかった疑問などに、経験豊富な助産師が丁寧にお答えします。


基礎知識

妊娠・出産・育児で知っておきたい情報を、記事としてまとめています。全ての記事は専門医の監修付きです。産婦人科医、小児科医はもちろん、アレルギー専門医まで。注意すべきことを的確にお伝えします。


Q&A

妊娠中の心配事や、出産や産後のママの体、生まれてきた赤ちゃんの悩みなどに、専門家がお答えするコーナーです。さまざまな質問と回答を掲載していますので、ご自身の状況が当てはまるケースを検索し、参考にしていただくことができます。