天神尚子 先生の記事

医師

天神尚子 先生
産婦人科 | 三鷹レディースクリニック院長

日本医科大学産婦人科入局後、派遣病院を経て、米国ローレンスリバモア国立研究所留学。その後、日本医科大学付属病院講師となり、平成7年5月から三楽病院勤務。日本医科大学付属病院客員講師、三楽病院産婦人科科長を務めた後、退職。2004年2月2日より、三鷹レディースクリニックを開業。

1981年 日本医科大学医学部卒業
1988年 米国ローレンスリバモア国立研究所 留学
1994年 日本医科大学 産婦人科学講師
1995年 東京都教職員互助会三楽病院 産婦人科科長
1995年 日本医科大学 産婦人科学客員講師
2004年 三鷹レディースクリニック開業

 

■所属学会

日本産婦人科学会
日本女性医学学会
日本生殖医学会
日本産婦人科乳腺医学会

 

■メディア履歴

【雑誌】

妊婦さんの出産準備を応援する雑誌「Pre-mo(プレモ)」(主婦の友社発行)

「マタニティ」(学研プラス発行)

「妊すぐ」(リクルート発行) ほか多数

 

【テレビ・ラジオ】

NHK『ニュース シブ5時』でPMDD(月経前不快気分障害)セルフチェック!の取材

患者さんから先生へ感謝の手紙を紹介する番組『Letters~感謝の手紙~』(テレビ東京)

TBS『アッコにおまかせ!』で産後うつについてコメント 他

 

【その他メディア】

妊娠・出産・育児の情報サイト『ベビーカレンダー』監修者
生活総合情報サイトAll Aboutで産後ブルーについての記事執筆
妊娠・出産・育児に関する情報サイトgooベビーで診察室から 最近の診療現場で感じることの記事執筆

基礎知識(141)
ニュース(78)
「尿糖」とは?妊婦健診で尿糖が陽性と判定されたら気をつけたいこと
この記事では医師監修のもと、尿糖についてお話しします。尿糖とは、尿の中に現れた糖のことです。尿糖=妊娠糖尿病と考えがちですが、妊娠糖尿病は尿検査ではなく、血液検査で判定します。妊婦健診で尿糖+(陽性)と判定が1度くらい出ても妊娠娠糖尿病というわけではありません。
「男性不妊」とは?妊活のために男性ができること・注意したいこと
この記事では医師監修のもと、妊活のために男性ができることについてお話しします。妊活をおこなうにあたって、妊娠できない原因は女性だけでなく、男性側にある場合もあります。無精子症などの先天的なものと、生活習慣やストレスが関係する後天的なものがありますが、後天的なものの場合は日常生活を見直すことで改善がみられることもあります。
【医師監修】逆子(骨盤位)とは? 原因、直し方、分娩方法について
【医師監修】妊娠中期以降の健診で、医師から「逆子」だと言われることがあります。おなかの中の赤ちゃんは通常、頭を下にしてママのおなかの中に入っていますが、何らかの原因で頭を上にしている赤ちゃんがいます。この状態を「逆子(骨盤位)」と言います。なぜ逆子になってしまうのでしょうか? 直す方法はあるのでしょうか? 逆子の分類、リスク、直し方などについてご説明します。
【医師監修】基礎体温が上がらない…。原因は? 改善方法はあるの?
基礎体温を記録し始めてみたけれど、基礎体温が高温期になかなか上がらない、全体的に低いような気がするなど、妊娠できるのだろうかと不安を感じたことのある方もいるのではないでしょうか。今回は、基礎体温が低いと妊娠に影響があるのか、基礎体温が上がらない原因や改善方法についてお話しします。
【医師監修】妊娠中の蕁麻疹の原因、対処法と注意点とは?
妊娠中に起こる蕁麻疹と他の皮膚トラブルとの見分け方や原因、それぞれの治療法ついて産婦人科医が解説します。妊娠をすると今までと違う皮膚トラブルが起こることがあります。それは蕁麻疹かもしれませんが、素人ではかゆみや発疹を、蕁麻疹かどうか判断することは難しいものです。
【医師監修】妊娠の可能あるときはどうする? 産婦人科の受診のタイミングや費用について
初めて妊娠したとき、いつどのタイミングで病院を受診したら良いのかわからない人も多いと思います。また、妊娠に気が付かず、産婦人科以外の科を受診してしまったことがある人もいると思います。今回は、産婦人科の初診のタイミングや費用など、妊娠したかもしれないときに役立つ情報を解説します。
【医師監修】妊婦さんは咳止めを飲んでも大丈夫? 妊娠中に咳が止まらないときの対処について
妊娠中の咳止めの薬の使用について産婦人科医が解説します。ほとんどの妊婦さんは、妊娠中になるべく薬を飲まないほうがいい、薬に頼りたくないと考えていることでしょう。そもそも薬を飲んでも良いのか、妊娠中に咳が出る場合の対処法や、薬に頼らない方法の有無についてお話します。
【医師監修】切迫早産について
切迫早産とは、妊娠22週以降37週未満の時期に、早産になる危険が高い状態となることを言います。 早産の原因の多くは不明ですが、流産は赤ちゃんの側に原因があることが多いのに対して早産の多くは母体に原因があるようです。つまり、原因が異なりますから切迫流産だったから早産になりやすいということではありません。
「疑ってごめん…」股のかゆみで発覚したカンジダ症、原因は彼氏ではなく… #アラフォー店長のつぶやき 35
「アラフォー店長のつぶやき」第35話。雑貨店で店長をしているオムニウッチーさんのアラフォーならではのあるある描いた連載マンガ。約20年前、尋常ではない股のかゆみに襲われ婦人科を受診したオムニウッチーさん。原因はカンジダという菌だと知らされて……。
「もしかして…」高齢&基礎疾患がある父が陽性になり、経過観察の日々が続いて… #新型コロナ奮闘記 #五十路日和 38
「五十路日和」第38話。思わず共感してしまう50代のあるあるをつづった連載マンガ。今回は母と娘の会話について。前回、PCR検査で、おーちゃんは陰性だったものの、父が陽性と判明。高齢&基礎疾患があるため、油断できない状況が続いて……。
「ホットフラッシュは容赦なし!」真冬でも扇風機が必須。更年期症状は突然やってきた!【体験談】
同窓会に行くと、もっぱら話題に上るのは健康の話と老後の年金問題。なかでもアラフィフの健康の話の中心は、“更年期症状”のこと。40歳を過ぎたころから低下し始めるという卵巣機能。卵巣から分泌される女性ホルモンのエストロゲンが急に減少すると、体内のホルモンバランスが乱れるそうで、アラフィフとなるとあれやこれやとやっかいな症状が顕著に出てくるようになりました。
「揺れているのは私だけ…!?」気持ちと体がクラクラする更年期障害で療養休暇に入ることに【体験談】
「揺れてる! 地震だ! みんな気を付けて!」と私。周りは「???」の顔。揺れているのは私だけ? 「たしかに揺れていたはずなのに……」。周りの反応を見て、それがめまいだと理解するにはそれほど時間がかかりませんでした。しかし、そのときの私は「どこか悪いのかな」と少し不安に思っただけで、それが更年期のせいだとは気が付いていませんでした。その後、更年期障害を診断され療養休暇を取るに至った体験をお話しします。
急激に体重増加! 私の異常な眠気の原因は甲状腺機能の低下だった【体験談】
もともとスリム体型ではありませんが、30代の後半ごろから急激に太ってしまいました。仕事が忙しかったこともあり、食生活や生活のリズムはかなりめちゃめちゃ。それが原因だろうと思って、自炊をしっかりする、ジムに通うなど対策を講じました。しかし、どれだけ頑張っても肥満が解消されることはなく、むしろさらに太っていきました。私の場合、生活の乱れによる肥満だけではなく別にある問題がありました。そこで、それがわかるまでの経緯をお話ししたいと思います。
「突然、小指が折り畳まれて激痛も!」小指が硬直して戻らなくなり受診したら…【体験談】
42歳の夏、突然右手にこわばりを感じ、その後、毎朝、小指だけが折り畳まれているという状態が続きました。原因がわからず、受診するまで不安な気持ちで過ごていました。受診すると更年期以降の女性に多いという病気であることが判明。私が体験した小指の症状の経過と治療の様子をお伝えします。
「ストレスで生理不順に…?」つらい体調不良と甲状腺機能の低下により生活を見直し【体験談】
アラフォーともなると、原因不明の体調不良を経験することもぼちぼち出てきました。風邪や疲労とは違う、とにかく「調子が悪い」のひと言に尽きるという……。今回は環境の変化で生理不順になり、甲状腺機能低下と診断された私の体験談を紹介します。
「疲労感やイライラ。プレ更年期かもしれない…」43歳、更年期検査を受けてみた結果は【体験談】(後編)
この夏、だるさ、疲労感、イライラ、食欲不振……の症状が続き、気付けばここ半年で生理周期も28日から24日に早まり気味。プレ更年期かもしれないという不安から、更年期検査を受けてきたお話を(前編)でしましたが、今回はその続きの(後編)をお伝えします。果たして結果は……。
「健康に自信があった私が記憶障害!?」更年期の不調を甘く見てはいけなかった!【体験談】
更年期と言えば、「40代半ばから50代半ばまでくらいの女性が、ホルモンバランスの崩れにより不調を訴える時期」というのが私の認識です。アラフィフ世代に突入してから、周りの友人たちにもどことなく不調を訴える人が増えてきました。また、母もちょうどアラフィフのころに原因不明の体調不良を訴えていたのを覚えています。しかし、私自身は健康に自信があったので、更年期と言われる年代に差しかかっても、何の不安もありませんでした。
「半端ないだるさ…これって更年期?」私がつらい症状を克服できた理由【体験談】
だんだん年を重ねることに伴う体力の衰えなどは納得できます。でも、「それって更年期じゃないの?」と言われると少し悲しくなります。「まだまだ若いのに」と思っているせいだと思いますが、50歳を過ぎたころのできごとには本当に更年期であることを実感させられました。私が体験したのは今まで経験したことのない「半端ないだるさ」です。でも、乗り越えることができたんです。そんなつらい症状をどうやって克服したのかをお話しします。
「抜け毛が減った!」いろいろ試してよかった更年期障害の抜け毛対策【体験談】
抜け毛の量や他人からの視線が怖くなり、生活にも支障が出るようになった私が婦人科を受診したことで判明した更年期障害が原因の抜け毛。軽度の更年期障害と診断されてからは、ほかの症状を緩和する大豆イソフラボン活性代謝物サプリメント以外にも、自分なりに抜け毛を軽減させる方法を探しました。そして、それらを実践してきました。ここでは、実際に私がおこなった抜け毛を防ぐ方法をお話しします。
「きらわれてる? 怒られる…?」強い不安感に襲われる日々!もしかして更年期の症状なの?【体験談】
更年期の症状と言えば、私が思い付くのは月経異常やホットフラッシュといわれる「のぼせ」「ほてり」「汗をかきやすくなる」などで、人それぞれ症状の出方が違うということぐらいしか聞いたことがありませんでした。そんな私が更年期の症状と不安感に向き合った日々についてお話しします。
「頭皮が透けて見えるほど…」徐々に増えていく抜け毛!実は更年期障害の症状だった【体験談】
季節の変わり目や出産後など、抜け毛が多くなることが今までにもありましたが、それは一時的なものでした。しかし、今回の私の抜け毛は一向に回復せず、その量も異常に多く、ほかの人が前から見ても頭皮が透けて見えるほどに。薄毛対策を今までしたことがなく、初めての体験でかなりショックを受けました。そこで、婦人科を受診してみたことにより、それが更年期障害の症状であると判明しました。ここでは抜け毛が更年期障害の症状のひとつであると判明した私の体験談をお話しします。
「子宮内にポリープが…」月経過多による貧血から腹腔鏡手術で子宮を全摘するまで【体験談】
私は若いころからひどい生理痛などで悩み、妊娠ではなくてもよく産婦人科に行っていました。40歳を過ぎてから経血量の多さが気になり、貧血のような症状もあったため、かかりつけの産婦人科を受診。すると子宮内にポリープが見つかり子宮を全摘出することになりました。
PICKUP