【医師監修】切迫早産について

この記事の監修者

医師天神尚子 先生
産婦人科 | 三鷹レディースクリニック院長

日本医科大学産婦人科入局後、派遣病院を経て、米国ローレンスリバモア国立研究所留学。その後、日本医科大学付属病院講師となり、平成7年5月から三楽病院勤務。日本医科大学付属病院客員講師、三楽病院産婦人科科長を務めた後、退職。2004年2月2日より、三鷹レディースクリニックを開業。

切迫早産とは、妊娠22週以降37週未満の時期に、早産になる危険が高い状態となることを言います。

 

早産の原因の多くは不明ですが、流産は赤ちゃんの側に原因があることが多いのに対して早産の多くは母体に原因があるようです。つまり、原因が異なりますから切迫流産だったから早産になりやすいということではありません。

 

切迫早産早産の危険性は、腟内感染や頸管炎、妊娠高血圧症候群、糖尿病、心臓病、腎臓病などの合併症のある人が高くなります。母体に無理が重なった結果であることも多いので、妊娠後期に入ったらストレスをためない、バランスののとれた食事をする、過労を避けるなどを心掛けましょう。

 

早産の場合は出血は少量ですが、規則的なおなかの張りや痛みがあったら注意が必要です。切迫早産のサインは本人が気付かないことも多いので、注意深く自分の体を観察してください。

 

症状がある場合は、お産が始まっている可能性がありますのですぐに診察を受けるようにしましょう。もし切迫早産になっても発見が早ければ、ほとんどの場合、正期産(妊娠37週目以降)まで持たせることが期待できます。

 

 

切迫早産の体験談

1人目妊娠のときに何のトラブルもなく順調だったので、つい油断してしまいました。しかも母や姉も安産だったから、「うちは安産の家系なんだ」って勝手に思い込んで……。今思えばそれがいけなかったんですね。

2人目が生まれるからと思い切って広めのマンションに引っ越すことにしたんですけど、なかなかいいところが見つからなくて、結局引っ越し先が決まったのが妊娠27週目を過ぎたころ。ばたばたと準備して、引っ越しして、それだけでも大変だったけど、新しい環境に早く慣れよう、上の子のお友だちも見つけなくちゃって、あちこち出掛けたりして。知らないうちに疲れがたまっていたんだと思います。引っ越し先の病院で、切迫早産だと言われ、本当にびっくりしました。
 
結局妊娠37週で無事に生まれましたが……。
どんなに順調でも、やっぱり過信は禁物。私も夫も、すごく反省しました。

 

 

 

専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

妊娠中に見ておきたい動画
もっと見る
あわせて読みたい記事
もっと見る