母乳育児の準備について

5

監修者

医師 天神尚子 先生

産婦人科 | 三鷹レディースクリニック院長


日本医科大学産婦人科入局後、派遣病院を経て、米国ローレンスリバモア国立研究所留学。その後、日本医科大学付属病院講師となり、平成7年5月から三楽病院勤務。日本医科大学付属病院客員講師、三楽病院産婦人科科長を務めた後、退職。2004年2月2日より、三鷹レディースクリニックを開業。

 

■主な経歴

1981年 日本医科大学医学部卒業
1988年 米国ローレンスリバモア国立研究所 留学
1994年 日本医科大学 産婦人科学講師
1995年 東京都教職員互助会三楽病院 産婦人科科長
1995年 日本医科大学 産婦人科学客員講師
2004年 三鷹レディースクリニック開業

 

■所属学会

日本産婦人科学会
日本女性医学学会
日本生殖医学会
日本産婦人科乳腺医学会

 

■メディア履歴

【雑誌】

妊婦さんの出産準備を応援する雑誌「Pre-mo(プレモ)」(主婦の友社発行)

「マタニティ」(学研プラス発行)

「妊すぐ」(リクルート発行) ほか多数

 

【テレビ・ラジオ】

NHK『ニュース シブ5時』でPMDD(月経前不快気分障害)セルフチェック!の取材

患者さんから先生へ感謝の手紙を紹介する番組『Letters~感謝の手紙~』(テレビ東京)

TBS『アッコにおまかせ!』で産後うつについてコメント 他

 

【その他メディア】

妊娠・出産・育児の情報サイト『ベビーカレンダー』監修者
生活総合情報サイトAll Aboutで産後ブルーについての記事執筆
妊娠・出産・育児に関する情報サイトgooベビーで診察室から 最近の診療現場で感じることの記事執筆
 

■HP:三鷹レディースクリニック

 

母乳は赤ちゃんにとって理想的な栄養源です。成長するために欠かせない栄養素をバランス良く含むうえ、消化吸収もバツグンです。赤ちゃんを病気から守る免疫抗体も多量に含まれています。

よく「胸が小さいから母乳が出るかどうか心配」という人がいますが、乳房の大きさは母乳の出方とほとんど関係ありません。それよりも重要なのは、乳頭が赤ちゃんにとって吸いやすいかどうかということです。特に乳頭が陥没していたり、形が扁平だったり小さかったりする人は妊娠中から乳首のケアを習慣にして、赤ちゃんが吸いやすいよう準備をしておきましょう。

 

 

妊娠中期に入ったら乳首のケアを始めましょう

赤ちゃんがおっぱいに吸いつく力はかなり強いので、乳首が硬かったり乳首の皮膚が弱かったりすると乳頭が切れてしまうことがあります。やわらかく丈夫な乳頭を作るために、乳頭の形に心配がない人でも普段からケアをしておくことが大切です。

乳首のケアは妊娠中期に入ってから始めましょう。ただし、乳首を刺激すると子宮が収縮することがあるので人によってはケアを避けたほうがいい場合もあります。必ず医師に相談してから始めましょう。おなかの張りを感じたときはすぐに中止してください。また、妊娠32週から36週は、早産防止のためにいったんケアを中止すると安心です。

乳頭ケアは皮膚がやわらかくなるお風呂あがりなどに爪を切った清潔な手で、

次の手順で行いましょう。

 

  • 乳頭を指ではさんで痛くない程度に4〜5回引っ張る
  • 乳頭部を軽くつまんでまわすようにマッサージ

 

陥没乳頭や扁平・小乳頭の場合は、1日4〜5回ずつ念入りに行うといいでしょう。乳頭吸引器など扁平乳頭や陥没乳頭を矯正するグッズもありますので、医師や助産師に相談してみましょう。

乳頭ケアで思ったように形がよくならなくても、乳首は赤ちゃんに吸ってもらっているうちにだんだん吸いやすい形に変わってきます。

 

 

ブラジャーはゆるめのものを

ぴったりサイズのブラジャーは乳房の血行を妨げ乳腺が発達しにくくなります。妊娠5ヶ月くらいになったら乳房をやさしくガードするゆったりサイズのブラジャーに替えましょう。また、乳頭がブラジャーに擦れたり押しつぶされたりしないよう保護する乳頭保護パッドも市販されています。乳頭が痛いときなどに利用してみましょう。

 

 

おいしい母乳をつくるために

おっぱいの原料となるのはお母さんが食べた食品の栄養素です。おいしい母乳を作るのは、バランスのとれた食事が基本です。授乳期はもちろん妊娠中から食事の内容に気をつけるようにしましょう。

母乳のために何か特別な食生活が必要ということはありません。カロリーの摂りすぎに注意し、脂っこいものや甘いものを控える、良質のたんぱく質や野菜を充分とるという妊娠中の食事の基本に気をつけていれば大丈夫です。あえて付け加えるとすれば、母乳にはビタミンKが不足しているという欠点があります。病院でもビタミンKのシロップを赤ちゃんに飲ませますが、お母さんの食事からも補給しておけばいっそう安心です。緑黄色野菜や納豆など、ビタミンKを含む食品を積極的に摂るようにしましょう。

日常生活の中で体を自然に動かすことも、乳房の血行をよくしてスムーズな授乳へとつながります。家事をするときに肩や腕を意識して大きく動かすようにするだけでも効果があります。妊娠36週目を過ぎたら軽く乳房をマッサージするのもいいでしょう。乳房の付け根に両手を添えて、力は入れずリラックスしてそのままゆっくりとやさしく乳頭方向へ持ち上げます。マッサージの仕方を指導してくれる病院もありますので、医師や助産師に相談してみましょう。

 

 

母乳育児の準備についての体験談

もともとバストが小さかったので、母乳もあまり出ないかもしれないって心配していたのですが、妊娠中期以降自分でもびっくりするくらい大きくなりました。授乳には何の問題もありませんでした。今は離乳食が始まり、母乳を飲む量が減ってきたせいか、また少しずつ小さくなってきているのがちょっと残念・・・。同じくらい胸のない友達はわたしほど大きくはなりませんでしたが、彼女も母乳は順調でした。胸の大きさで心配する必要は全然ないと思いますよ。

妊娠12週目に切迫流産で出血したので、お医者さんから乳首マッサージはしないようにと言われました。そのせいかどうかはわかりませんが、乳首が固く乾燥した感じにはなりました。でも、心配することもなかったみたいです。無事に生まれて順調に授乳しています。

妊娠12週目に切迫流産で出血したので、お医者さんから乳首マッサージはしないようにと言われました。そのせいかどうかはわかりませんが、乳首が固く乾燥した感じにはなりました。でも、心配することもなかったみたいです。無事に生まれて順調に授乳しています。

「母乳で育てたい」という人なら、母乳育児に力を入れている産院を選ぶといいかもしれません。私が出産した病院がそうでした。病院の母親学級でもおっぱいマッサージの指導があり、入院中は助産師さんが毎日マッサージをしてくれました。母乳育児に対する不安感がなくなるという点で、よかったなと思います。

 

(監修/天神尚子先生)

 

2015/07/14


この記事にいいね!しよう

いいね!
5

現在ログインしていません。

助産師に相談しよう!(無料)

ベビーカレンダーでは助産師に相談ができます。
知りたいことは助産師に質問してみましょう。
会員登録は不要です。

コメント

  • この記事にコメントする

    残り文字

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。