妊娠高血圧症候群(旧妊娠中毒症)について

9

監修者

医師 天神尚子 先生

産婦人科 | 三鷹レディースクリニック院長


日本医科大学産婦人科入局後、派遣病院を経て、米国ローレンスリバモア国立研究所留学。その後、日本医科大学付属病院講師となり、平成7年5月から三楽病院勤務。日本医科大学付属病院客員講師、三楽病院産婦人科科長を務めた後、退職。2004年2月2日より、三鷹レディースクリニックを開業。

 

■主な経歴

1981年 日本医科大学医学部卒業
1988年 米国ローレンスリバモア国立研究所 留学
1994年 日本医科大学 産婦人科学講師
1995年 東京都教職員互助会三楽病院 産婦人科科長
1995年 日本医科大学 産婦人科学客員講師
2004年 三鷹レディースクリニック開業

 

■所属学会

日本産婦人科学会
日本女性医学学会
日本生殖医学会
日本産婦人科乳腺医学会

 

■メディア履歴

【雑誌】

妊婦さんの出産準備を応援する雑誌「Pre-mo(プレモ)」(主婦の友社発行)

「マタニティ」(学研プラス発行)

「妊すぐ」(リクルート発行) ほか多数

 

【テレビ・ラジオ】

NHK『ニュース シブ5時』でPMDD(月経前不快気分障害)セルフチェック!の取材

患者さんから先生へ感謝の手紙を紹介する番組『Letters~感謝の手紙~』(テレビ東京)

TBS『アッコにおまかせ!』で産後うつについてコメント 他

 

【その他メディア】

妊娠・出産・育児の情報サイト『ベビーカレンダー』監修者
生活総合情報サイトAll Aboutで産後ブルーについての記事執筆
妊娠・出産・育児に関する情報サイトgooベビーで診察室から 最近の診療現場で感じることの記事執筆
 

■HP:三鷹レディースクリニック

 

妊娠後期に高血圧、タンパク尿、むくみの3つ、またはいずれかの症状が現れることを以前は「妊娠中毒症」といいました。しかし、日本産科婦人科学会の新しい定義(2005年から)では「妊娠中毒症」という名称は使われておらず、またむくみも定義から外されています。


現在は「妊娠高血圧症候群」と呼ばれ、定義は「妊娠20週以降、分娩後12週までの間に高血圧が反復して見られる場合、またはこのような高血圧にタンパク尿や母体の臓器障害、子宮胎盤機能不全を伴う場合のいずれかで、かつ、これらの症状が単なる妊娠の偶発合併症によらないもの」とされ、さらに「高血圧が妊娠前あるいは妊娠20週までに存在し、加重型妊娠高血圧腎症を発症していない場合を高血圧合併妊娠として妊娠高血圧症候群に加える」といわれています。

妊娠高血圧症候群になると血管が収縮して血液循環が悪くなり、赤ちゃんの発育に悪影響を与えたり、早産や未熟児産、死産が起こる可能性が高くなります。重症になると母体が子癇(けいれん発作)を起こすこともあり、母子ともに大変危険です。妊娠高血圧症候群の症状が現れたら症状が進行しないよう注意してください。

 

 

高血圧

最高血圧が140ミリHg、最低血圧が90ミリHg以上あると高血圧です。赤ちゃんに十分な酸素や栄養が届かなくなるなど、妊娠高血圧症候群の中でも最も危険な状態を招きます。

 

 

タンパク尿

妊娠高血圧症候群が進むとタンパク尿が出るようになります。腎臓の機能が低下して尿の中にタンパクが漏れ出すのが原因です。体からたんぱく質が失われることになり、赤ちゃんの発育に影響するほか産後に肝・腎機能障害を起こすこともあります。

 

 

妊娠高血圧症候群の予防

日常生活でできる妊娠高血圧症候群の予防、治療方法にはいくつかのポイントがあります。

まず、高血圧の要因となる塩分の摂取量を調理法を工夫するなどして1日7g以下に抑えましょう。赤ちゃんの発育に欠かせないたんぱく質を多めにとることも大切です。タンパク尿が出ている場合などは特に気をつけてください。卵、牛乳、乳製品、大豆、大豆製品、脂肪分の少ない肉などを積極的にメニューに取り入れましょう。肥満は高血圧につながりますから体重が増え過ぎないよう低カロリーの食事を心掛けましょう。1日の摂取カロリーは1,800キロカロリー以下が目安です。たんぱく質をしっかり摂る分、間食をやめる、脂っこい料理は控えるといった工夫をしてください。

食事の内容に気をつけるとともに心身の休養も大切です。ストレスは血圧を上昇させ、安静にしていると血圧も下がり赤ちゃんの発育に良い影響を与えます。

 

 

こんな人は特に気をつけましょう

次にあてはまる人は妊娠高血圧症候群にかかりやすいタイプです。日頃から十分に注意しましょう。

 

  • ・高血圧、糖尿病、腎臓病の持病、病歴がある、家族にこれらの病気がある人

  • ・35歳以上の高年出産、15歳以下の若年出産の人

  • ・初産の人や前回の妊娠で妊娠高血圧症候群になった人

  • ・太りすぎの人

  • ・睡眠不足やストレスがたまっている人

 

 

おいしい減塩料理のコツ

妊娠高血圧症候群を防ぐためには塩分を控えることが大切です。でも、塩分を少なくするだけでは味が薄く物足りない料理になってしまいます。そこで、こんな工夫をしてみましょう。

 

  • ・レモンや酢などの酸味をきかせる

  • ・しょうが、にんにく、しそ、ハーブなどの香味野菜を活用する

  • ・塩は1種類のおかずにポイントを絞って使う

  • ・天然食品からだしをとる

  • ・調味料は小皿に取り、つけて食べる

  •  

 

妊娠高血圧症候群についての体験談

里帰り出産のために実家へ帰省しました。実家ではついつい食べすぎてしまい、しかも家事はぜんぶ母親まかせで一挙に体重が増えました。尿たんぱくは出なかったものの、血圧も上がって上が140下が96と立派な(?)妊娠高血圧症候群だとお医者さんから厳重注意されました。3食昼寝つきだったから当然の結果かもしれません。

36歳の初産、太り気味、高血圧の家系と、妊娠高血圧症候群の条件がそろっていたので気をつけました(というより、まわりからうるさいくらいに注意され気を抜けませんでした)。
私のおススメは大豆料理。植物性たんぱく質なので体にいいし、大豆は血圧を下げる効果もあるとか。五目豆や、豆のスープ、豆のカレーなど、水煮缶を使えばカンタンですよ。

健康管理には気をつけていたのに、臨月に入ってからの健診で急に血圧が高くなっていてびっくり。念のため1週間後に再検査したら正常値だったのでほっとしました。お医者さまからは、お産が近づくと不安や緊張から血圧が上がることもあるのでリラックスするようにと言われました。

(監修/天神尚子先生)

 

2018/08/14


この記事にいいね!しよう

いいね!
9

現在ログインしていません。

助産師に相談しよう!(無料)

ベビーカレンダーでは助産師に相談ができます。
知りたいことは助産師に質問してみましょう。
会員登録は不要です。

コメント

  • この記事にコメントする

    残り文字

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。