つらい夏を乗り切るコツ

6

 

 

妊娠中は普段よりも汗をかきやすくなります。これは、新陳代謝がよくなったためですので問題ありません。冷房はなるべく使わないほうがいいですが、体に負担が掛からない程度の温度で使用するなら問題はありません。寝るときにつけっぱなしにしたり、冷やし過ぎたりするのは控えたほうがいいでしょう。体が冷えると血液の循環が悪くなり、おなかが張りやすくなります。

 

 

冷房病に気をつけましょう

オフィスではネクタイやスーツを着用している人が多いためか、冷房の温度が低く設定されていることが多いようです。冷房の効きすぎた部屋に長時間いると体が冷えすぎてしまうので、妊婦さんには好ましくありません。冷房の設定温度を体が冷えない程度に上げる、できれば直接冷気が当たらない席に変わるなどの工夫ができるとよいでしょう。また、毛糸の靴下、ひざ掛け、カーディガンを用意する、オフィスに入ったらトイレで腹巻や下着をつけるなどの工夫をしてみましょう。

冷房病は冷え症、風邪、腰痛などいろいろな障害を招きます。急激な温度変化を防ぐため、外気との温度差は5度以内に保ちましょう。体に負担の少ない温度は28度程度とされていますが、実際デパートやオフィスでは25度以下に設定されていることが多いようです。 冷房病から身を守るには、重ね着、栄養、入浴など下記のポイントを参考にしてください。自律神経に変調をきたすと冷えを招きやすいので、ストレスをためこまないことも大切です。

 

  •  [1] ストールやカーディガンをいつも持ち歩く
  •  [2] 生姜やニンニク、牛肉など、体を温める食材をたっぷり摂る
  •  [3] 温かい飲み物を飲む
  •  [4] 体を締め付ける服は控える
  •  [5] タバコは厳禁
  •  [6] 入浴ではゆっくり湯船につかる
  •  [7] いつもゆったりリラックスを心掛ける

 

 

夏バテ防止の栄養素

夏は気力も体力も消耗しやすい季節ですが、栄養バランスを考えた食生活を心掛けましょう。夏に積極的に摂りたい栄養素はビタミンB1と鉄分です。

ビタミンB1には糖質をエネルギーに換えたり、筋肉の中にたまった疲労物質の分解を助ける効果があり、豚肉、うなぎ、落花生、大豆、かつおなどに多く含まれます。このビタミンB1と相性が良いのは、ニンニク、ニラ、玉ねぎなどの香りの成分であるアリシンです。一緒に摂るとビタミンB1の吸収を良くし、体に蓄えやすくする効果があります。豚しゃぶのたれにおろしにんにくを入れたり、かつおのカルパッチョに生玉ねぎのサラダを加えてみたりと、工夫して召し上がってみてはいかがでしょうか。

鉄分は妊娠期に起こりやすい貧血を予防するための栄養素です。ほうれん草やひじき、レバーなどに多く含まれます。夏に限らず妊娠期を通して積極的に摂りましょう。

 

 

食中毒には十分に注意しましょう

妊婦さんは免疫力が弱くなっているため、食中毒にも気をつけてください。夏場はなるべく火を通した料理を食べるほうが無難です。まな板などの調理器具やふきんなどから感染するケースが多いので、熱湯消毒をこまめに行うようにしましょう。

冷蔵庫の中の食品も知らず知らずのうちに傷みやすくなってしまいます。買った食品は冷蔵庫に保存する前に、次の要領でちょっとひと手間掛けてみてください。食品のもちがぐんと長くなります。

 

肉類 : パックから一度出し、一回に食べる分ごとにラップで小分けにする。

     冷凍庫に入れておいて使うごとに解凍する。

魚類 : 買ったらすぐに冷水で内臓とエラを取り除く。ラップでくるんで早めに調理する。

卵  : 殻に菌がついていることがあるのでパックからは出さない。

     扉の卵ケースは温度が高くなりやすい位置なので、なるべく冷蔵庫の中の方に入れる。

 

つらい夏を乗り切るコツの体験談

職場だと男の人は冷房をがんがんかけてるので、妊婦にはつらいですよね。男の人はネクタイスーツだし、暑いのにがまんさせちゃ悪いなと思いつつも、冷房の温度を勝手に上げてました。しばらくすると下げる人がいるので、また上げて…その繰り返しを続けているうちに夏が終わっちゃいました(笑)
すごくぬるめのお湯にざぶんとつかって、さっぱりしました。日の高いうちに入ると、とってもぜいたくな気分になれます。夏ってどうしてもシャワーを浴びるだけで終わりがちですよね。でも、足腰の疲れをとるには、やっぱりお湯につかるのが一番です。そして、出たあとすぐに扇風機に当たるのが最高。これを繰り返すだけでもごくらくになります。

職場では1日中冷房が効いているので、夏風邪を引かないよう、なるべく早く帰れるようにダッシュで仕事をしました。

(監修/天神尚子先生)

 

監修者

医師 天神尚子 先生

産婦人科 | 三鷹レディースクリニック院長


日本医科大学産婦人科入局後、派遣病院を経て、米国ローレンスリバモア国立研究所留学。その後、日本医科大学付属病院講師となり、平成7年5月から三楽病院勤務。日本医科大学付属病院客員講師、三楽病院産婦人科科長を務めた後、退職。2004年2月2日より、三鷹レディースクリニックを開業。


経歴

1981年 日本医科大学医学部卒業
1988年 米国ローレンスリバモア国立研究所 留学
1994年 日本医科大学 産婦人科学講師
1995年 東京都教職員互助会三楽病院 産婦人科科長
1995年 日本医科大学 産婦人科学客員講師
2004年 三鷹レディースクリニック開業


2015/07/14


この記事にいいね!しよう

いいね!
6

現在ログインしていません。

助産師に相談しよう!(無料)

ベビーカレンダーでは助産師に相談ができます。
知りたいことは助産師に質問してみましょう。
会員登録は不要です。

コメント

  • この記事にコメントする

    残り文字

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。