妊娠中の歯の健康について

6

 

妊娠中は虫歯が悪化したり歯ぐきから出血しやすくなったりと、歯のトラブルが起こりやすくなります。昔は「赤ちゃんにカルシウムをとられるから」と言われていましたが、実はつわりのときに歯みがきが満足にできなかったり、安定期以降1日に何回も食事をして歯が汚れやすくになるというのが一番の原因です。また、妊娠中はホルモンの分泌が変化するため唾液に粘りが出て食べ物が歯につきやすい、口の粘膜が充血し歯肉炎になりやすいことも原因といえます。

歯のトラブルを防ぐためには、歯磨きをきちんとすることが何よりも大切です。毎食後に磨くことが望ましいのですが、つわりでどうしてもつらいという人は1日1回でもいいので時間をかけて丁寧に磨いてください。歯磨き剤で気分が悪くなる人も多いようですが、何もつけずにブラッシングするだけでも効果はあまり変わりません。

出産後はホルモンの分泌も戻り口内の充血も自然に治ってきますが、歯肉炎や虫歯を悪化させてしまうと後々まで治療が必要になることがあります。妊娠中に一度歯科検診を受けておくことをおすすめします。

 

 

妊娠中の虫歯の治療

歯の治療は妊娠中いつでも可能です。虫歯の抜歯などの際に行うのは局所麻酔ですから、おなかの赤ちゃんや母体に影響はありません。レントゲンも同様、X線の量もわずかで局所的なものですから心配ありませんが、腹部をプロテクターで覆ってもらえばより安心でしょう。

ただ、妊娠初期はつわりで、後期は大きなおなかで治療の際にあおむけの姿勢をとるため治療がつらい場合があります。安定している妊娠中期に治療するとよいでしょう。

虫歯を放っておくと炎症がひどくなり、高熱が出るなど妊娠にマイナスの影響を与える心配があります。また、出産後は赤ちゃんのお世話に追われ歯の治療に通う時間がなかなかとれません。特に妊娠中は歯のトラブルが起きやすくなっていますから、一度歯科検診を受けて妊娠中に完全に治しておくようにしましょう。治療の際には妊娠週数を必ず歯科医師に告げ、治療について十分に相談してください。適した治療法や薬を選んでくれるはずです。

 

 

歯の健康に役立つ食事

赤ちゃんの体をつくり、妊娠中のお母さんの歯や骨を維持するために欠かせない栄養素がカルシウムです。妊娠前の約1.5倍、1日900mgの摂取が必要となります。牛乳、乳製品、小魚、海藻、小松菜などに多く含まれていますが、吸収率が低いのが難点です。多めに摂取するとともに、吸収をさまたげるリンを多く含む加工食品やスナック菓子は控えめにしましょう。

 

 

妊娠中の歯の健康についての体験談

 

つわりのとき、歯みがき剤のにおいをかぐとオエッとなってしまい、あまり歯みがきできませんでしたが、もともと歯は丈夫なほうなので虫歯にはならなかったようです。つわりが治まってからはふつうに歯みがきしていましたが、歯ぐきから血が出てしまったことが何度かありました。あまり力を入れないで、丁寧にブラッシングするようにしていました。

歯の健康には日ごろから気をつけています。なんといっても、歯は一生ものですから。以前に虫歯の治療をした歯医者さんから毎年検診のお知らせのハガキをいただくので、妊娠中だった昨年の夏にも定期検診に行ってきました。特に問題はありませんでしたが、歯垢もちゃんととってもらったので今は安心して育児しています。

口がネバネバして大変でした。冷やした水にレモン汁をたらしてうがいしていました。(ちなみに、果汁100%の卓上レモンを使っていました)

(監修/天神尚子先生)

 

 

監修者

医師 天神尚子 先生

産婦人科 | 三鷹レディースクリニック院長


日本医科大学産婦人科入局後、派遣病院を経て、米国ローレンスリバモア国立研究所留学。その後、日本医科大学付属病院講師となり、平成7年5月から三楽病院勤務。日本医科大学付属病院客員講師、三楽病院産婦人科科長を務めた後、退職。2004年2月2日より、三鷹レディースクリニックを開業。


経歴

1981年 日本医科大学医学部卒業
1988年 米国ローレンスリバモア国立研究所 留学
1994年 日本医科大学 産婦人科学講師
1995年 東京都教職員互助会三楽病院 産婦人科科長
1995年 日本医科大学 産婦人科学客員講師
2004年 三鷹レディースクリニック開業


2015/07/14


この記事にいいね!しよう

いいね!
6

現在ログインしていません。

助産師に相談しよう!(無料)

ベビーカレンダーでは助産師に相談ができます。
知りたいことは助産師に質問してみましょう。
会員登録は不要です。

コメント

  • この記事にコメントする

    残り文字

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。