妊娠・出産・育児期のお金と手当・助成

14

監修者

医師 天神尚子 先生

産婦人科 | 三鷹レディースクリニック院長


日本医科大学産婦人科入局後、派遣病院を経て、米国ローレンスリバモア国立研究所留学。その後、日本医科大学付属病院講師となり、平成7年5月から三楽病院勤務。日本医科大学付属病院客員講師、三楽病院産婦人科科長を務めた後、退職。2004年2月2日より、三鷹レディースクリニックを開業。

 

■主な経歴

1981年 日本医科大学医学部卒業
1988年 米国ローレンスリバモア国立研究所 留学
1994年 日本医科大学 産婦人科学講師
1995年 東京都教職員互助会三楽病院 産婦人科科長
1995年 日本医科大学 産婦人科学客員講師
2004年 三鷹レディースクリニック開業

 

■所属学会

日本産婦人科学会
日本女性医学学会
日本生殖医学会
日本産婦人科乳腺医学会

 

■メディア履歴

【雑誌】

妊婦さんの出産準備を応援する雑誌「Pre-mo(プレモ)」(主婦の友社発行)

「マタニティ」(学研プラス発行)

「妊すぐ」(リクルート発行) ほか多数

 

【テレビ・ラジオ】

NHK『ニュース シブ5時』でPMDD(月経前不快気分障害)セルフチェック!の取材

患者さんから先生へ感謝の手紙を紹介する番組『Letters~感謝の手紙~』(テレビ東京)

TBS『アッコにおまかせ!』で産後うつについてコメント 他

 

【その他メディア】

妊娠・出産・育児の情報サイト『ベビーカレンダー』監修者
生活総合情報サイトAll Aboutで産後ブルーについての記事執筆
妊娠・出産・育児に関する情報サイトgooベビーで診察室から 最近の診療現場で感じることの記事執筆
 

■HP:三鷹レディースクリニック

出産にはある程度まとまったお金を用意する必要があります。国や自治体、保険から戻るお金もありますので上手に利用していきましょう。制度の改正によって支給条件等が変わることがありますので、最新の情報は自治体や健康保険組合等に問い合わせましょう。

 


 

健診・入院・出産費用

妊娠・出産は病気ではないため健康保険の適用はなく、自己負担となります。健診に掛かる費用は、経過の良好な妊婦の場合5万~10万円くらいです(一部公費負担があります)。また、分娩と入院に掛かる費用は40万~50万円くらいになると見られています(ただし、出産育児一時金でほぼ事前にまかなえる範囲です)。

 

切迫流早産や妊娠高血圧症候群など、妊娠中の異常や合併症が生じた場合は健康保険が適用されます。入院が長引けば差額ベッド代等の負担も増えるので、トラブルが起きたときのことも想定して余裕のある資金を持って出産に臨んでください。
 

出産準備金

赤ちゃんの身の回り品など、妊娠・出産にはたくさんの準備が必要です。特に初産の場合何を揃えていいのか分からず、ついつい必要のないものまで買ってしまうことも多いようです。

 

最初から全て揃えようとせず、出産後すぐに使うものだけ揃えておくようにすると無駄が省けます。人によって掛かる金額は千差万別ですが、おおよそ50万円前後用意しておくと安心です。
 

妊娠・出産、育児期に支給されるお金、利用できる制度

出産育児一時金(健康保険からもらえるお金)

医療保険制度(健康保険や国民健康保険など)における出産育児一時金は、「産科医療補償制度」に加入している病院などで分娩した場合には原則42万円、それ以外の場合には平成27年1月1日以降の出産で40.4万円が支給されます。

出産費用に出産育児一時金を直接充てることができるよう各医療保険から直接病院などに出産育児一時金を支払う仕組みに改められたため、まとまった費用を事前に用意しなくても出産が可能になりました。
※条件、申請方法などの詳細は下記ページを参照。
 

児童手当(国からもらえるお金)

3歳未満では1人当たり月額15,000円、3歳以上小学校修了前までは第1子、第2子にそれぞれ月額10,000円、第3子以降は月額15,000円が支給されます。ただし所得制限がありますので詳しくは市区町村窓口(公務員は勤務先)に問い合わせましょう。

 

乳幼児医療費助成(自治体からもらえるお金)

子どもが病気やケガをした場合、医療費の一部を負担してもらえます。所得制限の有無、給付される年齢の上限など自治体によって条件が異なります。助成の仕方も自治体によって異なるので、住んでいる役場に確認してみましょう。

 

 

ワーキングプレママがもらえるお金

出産手当金(国保を除く健康保険からもらえるお金)

産休中ストップされた収入を援助してくれる手当金です。健康保険の被保険者が出産のために休業し、産後も職場の健康保険に加入し続けている場合に標準報酬日額 × 2/3 × 日数(原則的に産前42日、産後56日)分が支払われます。
※条件、申請方法などの詳細は下記ページを参照。

 

育児休業給付金(雇用保険からもらえるお金)

雇用保険料を支払い、育児休業を取得する一定の条件を満たした人が対象になります。育児休業期間中に1ヶ月当たり原則として休業開始時賃金日額の67%(開始日〜180日目まで。181日目以降は50%)相当額が支給されます。
※条件、申請方法などの詳細は下記ページを参照。
 

失業給付金(雇用保険からもらえるお金)

退職しても働く意思と能力がある場合、次の職が見つかるまでの一定期間に支払われます。妊婦の場合は、資格を延長する特例措置が受けられます。
 

(監修/天神 尚子先生

 

 

2018/08/14


この記事にいいね!しよう

いいね!
14

現在ログインしていません。

助産師に相談しよう!(無料)

ベビーカレンダーでは助産師に相談ができます。
知りたいことは助産師に質問してみましょう。
会員登録は不要です。

コメント

  • この記事にコメントする

    残り文字

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。