妊娠中の腰痛と予防法

6

監修者

医師 天神尚子 先生

産婦人科 | 三鷹レディースクリニック院長


日本医科大学産婦人科入局後、派遣病院を経て、米国ローレンスリバモア国立研究所留学。その後、日本医科大学付属病院講師となり、平成7年5月から三楽病院勤務。日本医科大学付属病院客員講師、三楽病院産婦人科科長を務めた後、退職。2004年2月2日より、三鷹レディースクリニックを開業。

 

■主な経歴

1981年 日本医科大学医学部卒業
1988年 米国ローレンスリバモア国立研究所 留学
1994年 日本医科大学 産婦人科学講師
1995年 東京都教職員互助会三楽病院 産婦人科科長
1995年 日本医科大学 産婦人科学客員講師
2004年 三鷹レディースクリニック開業

 

■所属学会

日本産婦人科学会
日本女性医学学会
日本生殖医学会
日本産婦人科乳腺医学会

 

■メディア履歴

【雑誌】

妊婦さんの出産準備を応援する雑誌「Pre-mo(プレモ)」(主婦の友社発行)

「マタニティ」(学研プラス発行)

「妊すぐ」(リクルート発行) ほか多数

 

【テレビ・ラジオ】

NHK『ニュース シブ5時』でPMDD(月経前不快気分障害)セルフチェック!の取材

患者さんから先生へ感謝の手紙を紹介する番組『Letters~感謝の手紙~』(テレビ東京)

TBS『アッコにおまかせ!』で産後うつについてコメント 他

 

【その他メディア】

妊娠・出産・育児の情報サイト『ベビーカレンダー』監修者
生活総合情報サイトAll Aboutで産後ブルーについての記事執筆
妊娠・出産・育児に関する情報サイトgooベビーで診察室から 最近の診療現場で感じることの記事執筆
 

■HP:三鷹レディースクリニック

 

 

おなかが大きくなってくると体の重心が前に移りますから、バランスを取るためにどうしても上体を反らした姿勢で立ったり歩いたりするようになります。そのため背中や腰の筋肉に負担が掛かり、腰が痛むようになるのです。


妊娠中は胎盤から分泌されるホルモンの影響で骨盤の関節や靭帯がゆるむため、おなかを支える力が弱くなり腰の筋肉に一層負担が掛かることも原因の一つです。自分の体だけではなく常に赤ちゃんの重さを支えているわけですから、腰痛はいわば妊婦さんの宿命ともいえる症状です。実際、妊婦さんの半数以上が腰痛に悩んでいると言われています。けれども腰痛そのものが出産に悪影響を及ぼすということはありませんし、出産後は治ってしまうことがほとんどですのであまり心配しすぎなくて大丈夫です。日常生活の中で腰に負担が掛からない姿勢を心掛けたり、痛みのあるときには筋肉を休めるなどして痛みを上手にかわすようにしましょう。

また、日頃から筋肉を鍛えるようにすると腰痛の予防、解消に役立ちます。ただし、常に痛みがあったり歩けないほど痛むような場合は、整形外科の診療が必要になることもありますので必ず主治医に相談してください。

 

 

腰痛を予防する工夫

腰痛が起こるのはある程度仕方ないとも言えますが、日常生活の工夫で腰への負担を軽減することができます。いくつかポイントをあげます。

 

正しい姿勢で生活する

料理や掃除、アイロン掛けなどの家事をする際、中腰や床に座った姿勢だと腰にかなりの負担が掛かってしまいます。作業台の高さを調節したり、椅子に座るようにして背筋を伸ばした姿勢を保ちましょう。立ったまま作業をするときには、片足を低めの台にのせるのもいい方法です。物を持ち上げるときは立ったまま持ち上げようとせず、腰を落としていったんしゃがんでからゆっくりと持ち上げるようにしてください。また、首や背筋を伸ばし、前方をまっすぐ見るつもりでおなかを突き出さないように歩きましょう。靴はスニーカーやローヒールがバランスを取りやすく安全です。

 

腹筋や背筋を鍛える

妊娠前からスポーツを続けていることが理想ですが、妊娠してからでもマタニティスイミングやマタニティビクスなら安心して始めることができます。ウォーキングや腰痛体操を日課にするのもおすすめです。三日坊主で効果がないからと止めてしまわず、軽い運動でも毎日続ければ筋力は確実にアップしていきます。筋肉を鍛えることは腰痛を緩和するだけではなく、お産をスムースに進行させるためにも役立ちます。

 

寝具は硬めに

腰が痛むときにはつい柔らかい寝具の方が楽と思ってしまいますが、実は逆です。寝具は硬めのものを選びましょう。横向きに寝て背中を丸め、上になっている方の足をまっすぐ伸ばすようにすると比較的楽になります。

 

 

市販の鎮痛剤は大丈夫?

薬の種類や服用法によっては副作用も考えられますから、自己判断で市販薬を服用するのは避け必ず医師に相談してください。湿布薬や貼り薬はそれほど心配する必要はありませんが、やはり医師に相談するのがベターです。腰痛がひどい場合は、何よりも安静にすることが一番の治療法です。

 

 

妊娠中の腰痛についての体験談

腰痛に効くガードルがおすすめです。腰の部分にストレッチ素材の強力なテープが使われていて姿勢を保ちやすいし、気分的にも何か「効いている」という感じがよかったです。あと、痛みがひどいときはガードルの上からカイロをぺたっと貼っていました。仕事を続けていたので、痛いからといって横になることもできないし、いろいろ工夫していました。

老人ホームで介護の仕事をしていて、以前から椎間板ヘルニアの腰痛持ちでした。職業柄ある程度は仕方ないと思っていましたが、案の定妊娠してから症状が悪化しました。重い仕事からははずしてもらっていたのですが、妊娠24週を過ぎた頃から痛みがひんぱんに起こって、とてもじゃないけれど続けられず・・・。これ以上悪化させないよう、予定より早く産休に入りました。

肩こりや腰痛が「持病」で、痛くなってくると行きつけの整体院でラクにしてもらっていたのに、妊娠したらお医者さんから「妊娠中は指圧や整体は控えた方がいい」っていわれてしまってショックでした。このごろお腹が大きくなってきたら、肩こりも腰痛もひどくなった気がします。夫にマッサージしてもらっても、プロとは全然違うからちっとも気持ちよくならないっ!妊婦でも安心して通えるところってありませんか?

(監修/天神 尚子先生)

 

2015/06/29


この記事にいいね!しよう

いいね!
6

現在ログインしていません。

助産師に相談しよう!(無料)

ベビーカレンダーでは助産師に相談ができます。
知りたいことは助産師に質問してみましょう。
会員登録は不要です。

コメント

  • この記事にコメントする

    残り文字

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。