妊娠中の肌のトラブルについて

7

監修者

医師 天神尚子 先生

産婦人科 | 三鷹レディースクリニック院長


日本医科大学産婦人科入局後、派遣病院を経て、米国ローレンスリバモア国立研究所留学。その後、日本医科大学付属病院講師となり、平成7年5月から三楽病院勤務。日本医科大学付属病院客員講師、三楽病院産婦人科科長を務めた後、退職。2004年2月2日より、三鷹レディースクリニックを開業。

 

■主な経歴

1981年 日本医科大学医学部卒業
1988年 米国ローレンスリバモア国立研究所 留学
1994年 日本医科大学 産婦人科学講師
1995年 東京都教職員互助会三楽病院 産婦人科科長
1995年 日本医科大学 産婦人科学客員講師
2004年 三鷹レディースクリニック開業

 

■所属学会

日本産婦人科学会
日本女性医学学会
日本生殖医学会
日本産婦人科乳腺医学会

 

■メディア履歴

【雑誌】

妊婦さんの出産準備を応援する雑誌「Pre-mo(プレモ)」(主婦の友社発行)

「マタニティ」(学研プラス発行)

「妊すぐ」(リクルート発行) ほか多数

 

【テレビ・ラジオ】

NHK『ニュース シブ5時』でPMDD(月経前不快気分障害)セルフチェック!の取材

患者さんから先生へ感謝の手紙を紹介する番組『Letters~感謝の手紙~』(テレビ東京)

TBS『アッコにおまかせ!』で産後うつについてコメント 他

 

【その他メディア】

妊娠・出産・育児の情報サイト『ベビーカレンダー』監修者
生活総合情報サイトAll Aboutで産後ブルーについての記事執筆
妊娠・出産・育児に関する情報サイトgooベビーで診察室から 最近の診療現場で感じることの記事執筆
 

■HP:三鷹レディースクリニック

 

 

かゆみや湿疹

妊娠中はホルモンの影響で体質が変化したり、新陳代謝が活発になって汗をかきやすくなるためかゆみや湿疹、かぶれ、アトピー性皮膚炎などの肌のトラブルが出やすくなります。全体にかゆくなるタイプが「妊娠性皮膚掻痒症」、おなかや胸、太ももなどに赤いブツブツができ強いかゆみをともなうタイプが「妊娠性痒疹」といい、妊婦さんの2〜3%にこうした症状が見られます。

かゆみや湿疹の症状を抑えるためには、シャワーや入浴で肌を清潔に保つことが大切です。肌触りのよい木綿100%の下着や洋服を身につけ、できるだけ肌への刺激を少なくしてください。化粧品や石けん、洗剤なども香りや刺激の少ないものを選びましょう。皮膚が乾燥するとかゆみが増しますので、保湿クリームを塗るのも効果的です。

頭皮も脂が詰まりやすくなるため、頭もかゆくなることがあります。ついゴシゴシと洗いたくなりますが、皮膚が普段より敏感になっていますから刺激の少ないシャンプーでやさしく洗うよう注意しましょう。

いずれも、かきむしると症状が悪化しますからできるだけかかないようにしましょう。かゆみが強いときは、医師に相談するとかゆみ止めの軟膏を処方してくれます。かゆみや湿疹がおなかの赤ちゃんに影響することはありませんから、あまり心配せず上手に気分転換してかゆみから気をそらすように心掛けてください。

 

 

妊娠中のシミ

妊娠するとシミが目立つようになることがあります。これは妊娠により増加したエストロゲン、プロゲステロンなどがメラノサイトを活性化してメラニン色素が増え、色素沈着が起こりやすくなるためです。顔のほか、わきの下や乳輪、外陰部などが黒ずんでくるのも同じ理由からです。出産後、月経が始まる頃には薄くなってきますのでそれほど心配する必要はありません。

とはいえ紫外線は増悪因子となりますので、妊娠中にシミやソバカスを増やさないようできるだけ日焼けをしないことが大切です。日傘や帽子、紫外線防止効果のある化粧品などを使って日焼けを防ぎましょう。特に春先の紫外線は真夏に匹敵する量ですから、夏に限らず紫外線対策は万全にしてください。

食生活も大切です。ビタミンCには美白効果がありますから、緑黄色野菜などを積極的に摂りましょう。また、貧血が原因となってシミができることもあります。妊娠中はほとんどの人が貧血気味なので、レバー、貝類、ほうれん草などは積極的に摂りたい食材です。

 

 

妊娠中の肌のトラブルについての体験談

 

伸縮性の腹巻タイプの腹帯をしていましたが、汗がたまるのかお腹に湿疹ができてしまい、かゆくてかゆくてたまりませんでした。仕方なくさらしを巻くことにしたら、ちょっと面倒ですがこれが意外によかったです。通気性がいいし、すわったまま巻けばあまりきつくならなくてちょうど良く、かぶれやすい人にはおすすめです。
私の場合は、お腹にできた妊娠線のあたりがむずがゆくなりました。かきむしるというほどのかゆさではなくて、なんとなくチクチクするような感じかな? かゆみより痕が残ることの方が心配で、妊娠線予防のクリームを処方してもらいました。
妊娠3ヶ月くらいから、10年以上も前にお別れしたはずのニキビが復活しました。肌もなんだか脂っぽい感じに。ホルモンの影響だと聞いたので、洗顔をていねいにするだけであまり悩まないようにしました。妊娠後期に入ったくらいから落ち着いたみたいです。

(監修/天神 尚子先生)

 

2015/06/29


この記事にいいね!しよう

いいね!
7

現在ログインしていません。

助産師に相談しよう!(無料)

ベビーカレンダーでは助産師に相談ができます。
知りたいことは助産師に質問してみましょう。
会員登録は不要です。

コメント

  • この記事にコメントする

    残り文字

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。